【2020.2.12本日の相場戦略/注目株/推奨株】

お疲れ様です。 フィデリア藤崎です。

週末は、2.11の予告を少し警戒するも、イランが米国への攻撃で起こった事で終わるのでは?

との観測で、一旦は終止符をうった形ですが、イルミナティカードには色んな解釈が出来る事で有名で、

実際に当たる、充てて来る事も多々あるので要警戒は継続。

以下の世界で起こっている異常現象からみると、2020年から何が起こってもおかしくないです。

マーケットは有事のドル買い=円安・株高のAiプログラム通りの動きですが、

戻り一杯の売り狙いは継続です。

日経平均24100円ラインの新高値を超えるまでは戻り売りしか見てません。

<続:コロナウィルスの正体の解明>

新型コロナウィルス発祥からWHOの対応の遅さ/日本政府の無能を超えた意図的な対策不足ではない?

とのネットの声も目立ち始めており、調査を進めた結果、

やはり、中国を襲った新型コロナウイルスは生物兵器説が濃厚。

しかも特定の人種をターゲットにしてる事が明るみになってきています。

<ターゲットはアジア人男性!>

●インドの研究者たちが、故意に入れない限りは存在しえないHIV【のタンパク質】がコロナウイルスに挿入されていることを突き止めている。
https://www.biorxiv.org/content/10.1101/2020.01.30.927871v1

●中国の医師たちは、アジア人男性はアフリカやインド・ヨーロッパ系【※つまり黒人や白人】

男性に比べて5倍もコロナウイルスが肺の受容体に付着し易いよう設計されていたことを発見。

更に、一人っ子政策で女の子不足の中国を始め、アジア人女性は、アジア人男性に比べて【付着する】受容体の量が半分以下という事が研究結果で出ている。
https://www.biorxiv.org/content/10.1101/2020.01.26.919985v1.full

●こんな大参事になる事をどうして日本政府は伝えないのか?

➡中国勢が日本の安倍晋三政権を標的に据えたのはほぼ確実と言われ。

中国に対する当該攻撃の下請けであることが判明!(要は、意図的に感染者を増やして、日本人口削減を容認してる可能性が高いのである‼)

こんな世紀末的な現象を受け入れたくないが、現実的に起こっている事実である事は以下の看護士さんの訴えからも明らかでしょう。

<なぜ、一般人は新型コロナウイルスの検査をしてくれないの? 医療ガバナンス学会 (2020年2月10):話題の実看護士さんの投稿記事>
http://medg.jp/mt/?p=9417

➡既に国内では原因不明の重症肺炎患者が出始めている。推定10万人以上の感染潜伏者予想となるも、医療機関から保健所に問い合わせても対象外にはpcr検査は一切行わない現状。

コロナ災害に加えて、アメリは新型インフル、アフリカでは豚インフル、中国鳥インフル(拡大中)、

インドもアフリカ同様カラス大量発生から砂漠に雨が降り「蛾(人類を滅ぼすとも言われる)」が大量発生で世界の農作物壊滅的被害が見込める★

世界的デフレの中で、モノが高騰して、物価高となるスタグフレーションから食料危機は必須な状況にあると言えます!

今週は、本格化してきそうなエンゼルケア関連に、食料難関連株をメインに探して行きます!

P.S.2.11のロシア革命の動きはありましたが、トランプは選挙中として相手にしてませんが、報復処置はあると見ていた方が良いと思います!

<イランのミサイル攻撃で米軍負傷者は109人に、トランプ氏深刻視せず>
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-11/Q5J5K5T1UM1201

また、イラン革命41周年を記念して、大雪の中、「私達は不当な圧力に対して膝を屈しない」と意思表示するイランの人々の決起集会が行われたとの事。

明らかに地学リスクも上がるイベントが今後起こってもおかしくないと予想して、地学リスク関連銘柄も再度注視して行きます!

本日も好業績/業績変動先読み銘柄数銘柄UPしています!

【2020.2.12本日の相場戦略/注目株/推奨株】

この記事は有料会員限定です。
新規でお試し会員になると、 有料会員と同じ内容を
1ヵ月完全無料で購読頂けます!
無料会員及びお試し会員登録の方法と詳細はこちら 》

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ