【推奨銘柄】さいか屋(8254) 今までの考察

さいか屋(8254) 8254 株価と銘柄情報 の考察

 

まずはチャートです。

 8

 

 

9月の上昇は、決算によるもの。

今回の上げには特に理由がないようです。

 

この銘柄は9月の決算により、上昇した分を、イッテコイの形で10月の下げに転じ、落ち着いたところを11月の中旬に購入したもの。

もともと好決算、低PER、低PBRということで、評価されていなかった銘柄で、いつ動いてもおかしくない銘柄ではありました。

 

今年、去年のGテイストのように、会社が変わる(=株の世界で言えば、値が上がってその株価が普通になる)可能性があると申し上げていましたが、今回いい形になってきています。もちろんイッテコイの形になる可能性もありますが。

 

この銘柄が、当サイトの一番キホンを表しています。

いい銘柄を、上げていない仕込みやすい場面(出来高少なく、動きも少ない状態)で仕込み、動くのを待つ。

どうしても、タイミング、順番がありますから、上げるのに時間や日にちがかかったりしますが、確かな銘柄ですから、どこかで動いてくる、あるいはどこかが仕込んで仕掛けてくるのを待つ、といった待ちぶせ買い、が一つの戦略となっています。

 

11月中旬に70円台。

上げるのに3ヶ月かかってしまいましたが、結果的に20~30%増ですし、文句はないと思います。

 

全部がこのように一発というわけではなく、徐々に上げたり、一旦下げてから上げたりというものもありますが、

確かな銘柄を仕込んで買うことに代わりはありません。

 

逆に、いきなり上げた銘柄を、選択しマネーゲームに参加するのは、これは「資産を失う一番いい方法」です。

ただし、板を読んで動く方向を読むことに長けた天才、あるいは百戦錬磨の秀才はいるわけでそういう人たちはそれでも勝っていたりするのですが、

一般的には不可能な話であり、キホンは上げていない銘柄を、仕込んで、動くのを待つ。

チャート的にダメなポイントではロスカットポイントとしてきちんと設定しておき、基本的にロスカットは守る。

 

これが、勝つための戦略の王道です。

 

時間はかかる場合もある投資方法ですが、硬い方法です。1ヶ月で10%を積み重ねれば資産は1年で二倍です。

焦らず、じっくりやっていくといいと思います。

 

一つの投資方法の参考としてお納め下さい。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ