【相場観】【銘柄レビュー】郵政IPOと相場の流れ 今夜の米雇用統計等 着眼点について

 

郵政IPOはさすがに2連騰ということで、本日は軟調。

そもそも評価されすぎの傾向があるIPOの中でも、重たそうであったこの郵政IPOが三本とも大活況、成功となったわけですが、今後については上値は重たいでしょう。

 

その中でも、気になっているのは実は ゆうちょ(7182) 7182 株価と銘柄情報 だったりします。

TOPIX、MSCI等への組み入れが期待されます。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL05H1O_V01C15A1000000/

こちらの記事にありますように、MSCIにも18日から組み入れされます。

 

よって、中長期路線で考えれば、押し目はねらい目かとみています。

あくまで中長期、ということでできれば1500円~1600円あたりを狙いたいところではありますのでまだ推奨とはいきませんが、いいねらい目のタイミングがあれば、長期銘柄として紹介するかもしれません。

 

 

全体相場としては、米雇用統計が今晩あることで、為替やダウに大きな変動が出る可能性もありますから、そういう意味では要注意。

推奨銘柄としては、短期~決算前銘柄でAppBankと、IBCを紹介しております。

この2つ以外は長期銘柄でありますから、継続のみ。

 

長期銘柄は

ストライダーズ(9816) 9816 株価と銘柄情報

さいか屋(8254) 8254 株価と銘柄情報

シライ電子工業(6658) 6658 株価と銘柄情報

エイシアンスター(8946) 8946 株価と銘柄情報

トレイダーズ(8704) 8704 株価と銘柄情報

等。

完全に数か月~数年単位での銘柄なので、スイングや短期好きな方は組み入れせずでもいいと思います。

 

 

短期銘柄のAppBank、IBCは堅調。

AppBankは朝イチ強かったが後場にかけて弱くなり、しかしながら、ブランジスタの急騰と同時に上昇をはじめ、堅調です。

IBC、AppBankどちらも決算前期待銘柄ですから、このまま持越、来週に期待。

来週は郵政IPOで盛り上がった資金が、逆に行き場がなくなり、19日まで新規IPOもありませんから、そういう意味でこれらの銘柄に資金が集まる可能性があり、集まるようであれば5%10%程度の動きは難しくないのでは?とみております。

 

推奨はしていませんが、監視中のバルニバービーあたりも面白いでしょう。

 

本日はこれ以上の銘柄を出すということはないと思いますが、来週に向けての準備は出来たと思います。

今晩の雇用統計が気になるところではありますが、こればかりはなんとも言えませんし、IPOは雇用統計と直接結びつきづらいですので、このまま持越でいきたいと思っております。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ