【本日の戦略】ギリシャは反対多数で可決 調整から始まるか

おはようございます。

 

ギリシャは反対多数で可決となりました。

となると、ある程度は下げるということで、シナリオとしては逆になってしまった。

 

銀行がストップなど問題が多発しているギリシャ内ですが、それでもチプラス政権肯定。

ギリシャに対しての話自体は避けますが、

大枠のシナリオ自体は変更はありませんので(妥協点をEU、ギリシャで見つける)

押し目はねらい目という基本的な考えとなります。

 

本日は、朝一は弱くなる可能性が高いと思いますが、その後はもみ合いになると予想されます。

その後はEUも緊急策を練るという話ですので、その結果に向けての動きとなるでしょう。

 

銘柄も全体的に弱くなる可能性が高いが、

時価総額が高いものは売られやすく、低いものはそうでもない可能性も高い。

あとはIPO。低位株。

すなわち個別銘柄が動く可能性は高い相場だと思います。

 

リンクバル(6046) 6046 株価と銘柄情報

マーケットエンター(3135) 3135 株価と銘柄情報

トリケミカル研究所(4369) 4369 株価と銘柄情報

 

 

低位株はさいか屋(8254) 8254 株価と銘柄情報

 

小型ではプラップJ(2449) 2449 株価と銘柄情報

川本産業(3604) 3604 株価と銘柄情報

 

これらが面白いと思います。

 

場中の動きなど出していこうとおもいますので、よろしくお願いいたします。

 

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ