【本日の戦略】夜間先物はさらに下落 相場の要因

おはようございます。

 

昨日からの下落の要因ですが、以前からのギリシャ問題に加えて2本。

その2本がネガティブサプライズになった印象。

ダウが強かったにも関わらず、下げた理由が以下の2点が新規にネガティブサプライズとなったことが要因と思われます。

 

・中国株の下落

・mixiなどの増資による、日本の個別銘柄に対する懸念

 

中国株については今までも言われていたことで、これは

・ギリシャ問題の解決

・今後も追加される可能性のある金融緩和策

の2本において、遅くない将来に下は支えられると見ますが、中国政府が介入して取引をできなくするなど、通常ではありえない方策に乗り出してしまい、下落に歯止めがきかない状態となっております。

 

それでも19500円あたりは心理的にもサポートがあるところと考えており、現在も短期的には夜間取引などで行き過ぎた部分は反転すると考えていますが、状況次第ではロスカットも必要な状況でありますので、甘く見ずに出直しも必要なタイミングの可能性もあります。

非常に難解ですが、状況次第でいったんフラットにしてから再度戦略を練ることにするかもしれません。

 

さらに、夜間取引では追い打ちをかけるかのように、ニューヨーク市場でトラブル発生、取引ができない状態となり、それも嫌気された。

 

ブロードバンドタワー(3776) 3776 株価と銘柄情報
IoTセキュリティの安全基準策定の材料。IoTセキュリティ検証事業に参画との材料。

株価対策にも思えるような材料ですが、セキュリティ関連が強い状況にありますので、この材料はもしかすると映えるかもしれない。短期的にはロスカットした銘柄であることが残念でありますが、中長期的には継続の銘柄。

もしかすると一相場となるかもしれません。

 

 

この下落相場に対する戻り。

ギリシャが落ち着けば、中国もおのずと落ち着くはずであり(中国の下落は欧州問題が密接にかかわっていると見る)そうなると、懸念材料はかなり払拭され、戻りも大きくなり2万円はまた回復になると見ています。

 

下落局面で撤退とならないよう、いつも申し上げておりますとおり、下げても買える体制。

これをきちんと組んでおくようにしましょう。信用ギリギリいっぱいというのはやってはいけない方法であるというのは、こういうときによくわかることです。

 

とはいってもやってしまうのもわかりますが、しっかりこういう時に買えるよう、信用倍率などはきちんと整える戦略をとること、これが重要です。

 

今日明日、そしてギリシャ問題の解決の可能性が高いのは12日。 その明けの月曜日。ここが踏ん張りどころだと思います。

 

それでは、本日もよろしくお願いいたします。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ