【本日の戦略】テーマ性のある銘柄とIPOに注目。

 

おはようございます。

本日もよろしくお願いいたします。

 

ギリシャ問題はかなりの部分で落ち着いた模様。

どんでん返しがないことを祈りましょう。

チプラス氏は結局のところ、アイスランドの手法を真似てきたのかもしれませんが、一時的にユーロ離脱という手段をドイツなどが出してきたことにより、ある意味観念した、というような印象。

チプラス氏としては、ユーロには残りたい、しかし債務免除を勝ち取りたい、できるだけ厳しい緊縮はしたくない、ということですが、さすがに観念したということでしょう。

しかしながら、ギリシャ議会がこれで納得するかどうかは微妙なところで、法制化がまとまらない場合、もう一回下げがあるかもしれず、そこだけが懸念です。

結局のところ読むのが難しいのですが、ここまでくればどんでん返しでデフォルトもまずないのではと考えますし、おおよそシナリオ通りですので、突込みどころがあれば天与の買場ではということで、リスクよりもリターンを狙いにいく可能性もあります。

しっかり考えていきたいと思います。

 

今週~夏場は、テーマ性のある銘柄のIPOに注目です。

テーマとしては、

マイナンバー

セキュリティー

IoT

あたりがテーマ。

 

そして、IPOも資金の入りのことを考えるとテーマの1つといえるでしょう。

 

IoTとしては、中長期では、一度大きな突込みがあり申し訳なかったのですが反発中である、

ブロードバンドタワー(3776) 3776 株価と銘柄情報

は、注目されます。推奨としてはあげないつもりですが、突っ込みどころがあれば狙いの銘柄でしょう。

 

マイナンバー、セキュリティー関連に関しては十分あげてしまっている。

秋からマイナンバーが実際に運用として入ってきますが、こういった銘柄は期待で膨らみ、実態で下げるとよく言われますので、今の内が高値の可能性もあます。

というわけで、どこまで上げるかはわかりませんが、セキュリティ関連は新しくここから仕込みにいくことはしない可能性が高いです。

IoTに関しては、今後数年のスパンが考えられる国策ですから、こちらは長期という意味で面白いと思っており、長期ならばブロードバンドタワー(3776) 3776 株価と銘柄情報 は面白い銘柄の筆頭と考えています。

 

さて、IPOですが、

16日に上場するアイリッジ(3917) 3917 株価と銘柄情報

この銘柄は人気がつくこと必至だと思います。
IPOでも人気の出るマザーズ上場、スマホ関連銘柄で人気性が高い。

ただし、VC銘柄ですから上値は重さが出やすい。おそらく1500円~2000円では寄り付かないと予想しますが、公開価格が1200円ですが、3000円以下ならば素直に買いたい銘柄。

しかし、VCのロックアップを考えますと、2000円以上はどこで売りが出てもおかしくないため、ギャンブル的ではあります。安く寄り付けば寄りから狙い。高値で寄り付くならば、初値で買うかどうか吟味の上、上がればスルー、下がるならば大幅下落のタイミングで買いにいくなど、リスクをしょったうえでの短期勝負を考えていきます。

スイングではなく、あくまで短期、リスク有ですので、安定投資志向の方はスルーでいいでしょう。

 

新規では、

マーケットエンター(3135) 3135 株価と銘柄情報

を紹介中。

 

レントラックスもチャートをつくり中の印象。

 

これらIPOは状況次第では大きく動くかもしれませんので注目。

 

ほか、アエリア(3758) 3758 株価と銘柄情報 はチャートをつくり中。一時紹介時から10%以上ありました。

 

IPOなど、リスクが高かったりする銘柄が多いですが、

今の相場の環境であるとか、この閑散としてくる夏場に動いてくる可能性の高まる銘柄となると、IPOに資金が集まりやすくなるわけで、IPO&セキュリティ関連であるジグソーなどの利益確定資金が徐々に他のIPOにも浸透していく可能性も考えております。

 

チャートが悪くなれば、IPOですからロスカットは辞さない考え方なので、そのへんはしっかり慎重にやりたいと思います。

 

新規で出せる面白いものがあれば紹介しますので、よろしくお願いいたします。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ