【本日の戦略】2015年8月24日 本日の戦略

 

おはようございます。

 

8月24日、本日の戦略です。

 

夜間取引で19080円まで下落、海外株式も大きく下落、そしてCMEでは19000円を割り込んでいます。

ここのところ10%以上、日経平均での短期的なマイナスとなることが少ないこともあり、厳しい相場ですが、

セリングクライマックスは近づいていると見ます。

 

ダウは4日続落、日経平均は直近の高値から2000円の下落、と反発の兆しも見えませんがタイミングは近い。

日本の銘柄の個別では、売り叩かれるような材料はあまりない。

むしろ、業績は好調、明るいニュースが多いため、今後の緩和策の追加も含めて、

海外の市場とのバランスを見て考えると、まだまだ株式投資に関して下げるわけにはいかないという観点からも、

日本発の反発という可能性も。

 

ただし20000円以上に持ち上げる為には、何らかの材料性も必要になってきていることもあり、

9月の米利上げが遠のく等の声明(実際に遠のいてはいると思われる)

中国の更なる株対策

など、何らかのきっかけがあれば、シンプルに大きく戻るという可能性は十分あります。

 

下がったら買いだとしている、機関投資家、個人、外国人投資家の存在、

買うための資金は豊富にあると見られます。

どこで落ち着くかが勝負であり、セリングクライマックスで売ってしまうことが一番厳しい結果になることも含め、

ここ1~3日が勝負となります。

 

できれば、さらに買い増ししたいところ。

リスクが高くなりますが、銘柄によってはそれでいきますし、セリングクライマックス的な現状の売りは日本株式に沿っていないこともあり、ここは積極的我慢で行きたいと思います。

 

追加緩和等、各決算の好調さがなければあっさり売りで勝負するところになりますが、

消費税を上げなければならない=株価を低くしてはならない、という日本株式の特異性、なども考えると売りに売り叩かれる前に日本発の対策が出るかもしれません。

 

余裕があるならば先物も買い下がりたいところです。

下がって買っていくのは勇気がいるのですが、予想で考えればセリングクライマックス的売りから反発し、中期的にはやはり2万円回復を持っていく考え方で変わり有りません。

 

それでは今週もよろしくお願いいたします。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ