【本日の戦略】おはようございます。本日~今週の戦略です。

おはようございます。

 

本日~今週の戦略です。

 

考え方としては2つです。

積極派、慎重派、の2つで考えます。

 

外部材料、日本材料などさまざまありますが、結局は材料というのは基本的に後付ですので、

動きの予想される流れについて考えていきます。

 

まず、今週、さらに来週、今月、で考えれば、

積極派は維持

慎重派は日経平均19000円以上で利確し、18000円前半の二番底狙い

 

の2択です。

 

18000円の二番底があるかどうかは、

米利上げの確認

中国株価指数の確認

 

この2点によるでしょう。

 

アメリカでは、

ジャクソンホール会議で、FRB副議長であるフィッシャー氏は、9月利上げについて明確には示唆せず。

9月利上げがあればサプライズ的。

9月にあれば日本には円安、だが外国株安となり、予想しづらくなります。

 

ただ中国にしても底入れしていそうで、堅調な地合いにはなりそうですが、

ただしリスクオン相場もそろそろ後退、利確、リスクオフから調整もありえるというわけで、

慎重派は二番底狙い。

 

積極派はそのままというのは、二番底といっても18000円前半がない可能性も高い為、

 

なお、来週はMSQですから、調整があった上でのMSQというわけで波乱もありえる。

ここは注意が必要でしょう。

 

個別はそれぞれ紹介していきますが、

いいものはいいです。

ラクトジャパンはあたり銘柄となるかもしれません。

新規IPOは土木、ラクトはあたりで、注目されているメタップスがよくない。

業績がいい方の銘柄に資金が集まっていますから、ここから戦略として、マザーズでも業績にのっているものを新規で紹介、のっていないもので紹介しているものは、チャートが悪くなれば見切りとするかもしれません。

 

それでは、今週もどうぞよろしくお願いいたします。

お手持ちの銘柄、相場観、その他株式投資についてのご相談がありましたら、こちらからお問合せ下さい。他の方にとっても有益なご質問は、記事上で回答させて頂きます。

無料会員登録

無料会員登録
無料会員登録

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ