【本日の戦略】本日の戦略 9月4日

 

おはようございます。

配信が遅れまして申し訳ありません。

 

まず、ダウは強く欧州は強い。

底堅い推移にはなると思われますが、欧州の緩和策が継続方向ということで、円高方向に動きがあり、日本株に重さ。

本日も中国はお休みですので、そうそう大きく売り叩かれることはないと思いますが、

欧州量的緩和継続による円高、欧州株高等がどこまで日本に波及するか。

 

欧州が強ければ中国も強くともなりそうであり、継続路線に変化はありません。

二番底からの復帰期待ですが、本日夜は米雇用統計もあり重さは否めないです。

 

マザーズが弱いのは少しいやらしいチャートになっている。

二番底狙いのため、チャートは壊れていないため継続としていますが、微妙ではあります。

日経平均も同様ですが、こればかりは米雇用統計を見てからとなりますし、中長期路線でいえば中国も緩和、欧州も緩和、米国は利上げが遅くなり、円高要因は重なる。

日本側も何らかの手段を出さなければ株安につながるでしょうし、円高となりやすい展開に変わり無し。

消費税増税は自民党としては止めてはいけないわけで、

円高方向になるのは、それはおのずとわかっている状況ですから、この秋~冬に何らかの緩和追加などがあるのではないか?と予想です。

 

すなわち、中長期路線では、時価も押し目も買いだと見ております。

 

日々でいうと難しい展開ですが、ベステラなどすごい動きのも出てきますし、うまく個別をつかみたい。

マザーズで、チャートが悪い銘柄については損失覚悟で、切っていくかもしれません。

中長期路線の押し目狙いということで、東2の銘柄などの中長期路線で攻めなおすことも考えています。

 

それでは本日もどうぞよろしくお願いいたします。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ