【本日の戦略】海外株はまちまち。過度な株安、円高から是正があり先物価格上昇

 

おはようございます。

 

昨日の17000円はリスクカット、キャッシュポジを高める理由からだったのですが、

日経平均の価格でいえば、結果的に一番低いところでの売りとなりました。

 

師走相場へ向け、まずは前哨戦ということで9月-10月はIPOに資金が向きそうというのは考えが変わるところではありませんが、IPO全体というよりは面白いIPOに行っている様子。

 

例えば、ベステラ、DIT等。

蚊帳の外というものもありますから、もう少しポジ調整をするかもしれません。

 

クルーズ(2138) 2138 株価と銘柄情報 などもやはり面白く、継続したい銘柄の1つ。

 

ラクトジャパンは材料から上昇していますから、これは継続路線。

 

全体相場としては、東証1部のPERが15倍を切っています。

割安感はかなりのもの。

あとは外部の問題、海外株安などが何らかの関係で落ち着けば、日本独自の上げ相場もありえるかもしれない。

そのためにはやはり追加緩和は必要であろうとするところで、何度も申し上げている通り、短期的には緩和期待での買いは入るであろうというところ。

 

問題はそれがいつかになるかというところで、10月後半?の可能性が高いと示唆されています。

その材料も踏まえつつ、キャッシュポジを高めていますが、狙うときには狙いますので、どうぞよろしく願いいたします。

 

まずは、推奨銘柄 DIT,ラクトジャパン、クルーズ

長期路線ではトレイダーズあたり

 

低位ではさいか屋(8254) 8254 株価と銘柄情報 とストライダズ(9816) 9816 株価と銘柄情報

 

これらを中心にいきたいと思います。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ