【本日の戦略】海外株は緩い動き。本日初値のつく可能性のある新規IPOは2つ。

相場としては、FOMCや日銀会合の重しを抱いている状態。

上値は重たいが、期待感から下値も堅いとみられるため、個別相場であることに変わりなし。

資金はIPOに移っていますが、IPO資金は逃げも早いため、流れをつかむことが肝要。

今のところいい流れをつかめていると思いますが、油断せず進めていきます。

 

さて、本日の戦略ですが、基本はIPO戦略と、個別戦略。

個別は昨日と見解変わらずのため昨日の配信を見ていただければと思います。

 

昨日上場のIPO、パートナーエージェント(6181) 6181 株価と銘柄情報

成り行き買い禁止。

買い付け即日。即金対応。銘柄の内容から考えても本日値がつくでしょう。

意外安の展開ならば買いもありでしょうが、こればかりは場になってからの判断。

買い気配で始まる可能性が高いが、GMOメディアのように売り気配→寄ってからあっというまにSTOP高という可能性もある。

業態としては人気の出るIPOではないため、無理はしない予定。意外安ならばIN予定。

2000円前半などで初値形成するようであれば妙味はかなりあると思われる。面白いところで初値つけるようならば推奨していきます。

 

 

バルニバービ(3418) 3418 株価と銘柄情報

本日上場のIPO。
IPO銘柄を取り巻く環境が良いことがかなりの追い風。
初値は高くなりそう。PER30、5000円といった初値形成ももしかしたらあるかもしれないが、そういった数値で始まるのであれば、初値投資としては妙味が薄い(リスクが高い)

業態としては珍しくない外食系であるものの、IPOとしては、鳥貴族など成功例もあり、人気化する可能性も。

3000円前半などで初値形成するようであれば妙味はかなりあると思われる。面白いところで初値つけるようならば推奨していきます。

 

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ