【本日の戦略】FOMC 米国の利上げが再び利上げ見送りを示唆 IPO戦略等

 

おはようございます。

 

米国利上げが12月言及。

しかし直近では見送り示唆。

 

円安ドル高、米株高となり、

こうなれば日本株も上昇となる。

 

19000円奪還し、これを継続できるかというところ。

 

考え方としては、17000円の下落のあとは二番底狙いでしたので、

何も戦略の変更はありません。

 

今日の朝はバルニバービなどIPOをにらんでいたので、記事がザラ場前に紹介できず申し訳ありません。

 

 

 

さて、IPO戦略ですが、ザラ場前に紹介したバルニバービ

早速STOP高となりました。

 

メール等でお礼のお言葉を頂くこともあるのですが、

さすがに、ここ最近は「できすぎ」です。

 

ブランジスタ、バルニバービ、昨日スルーしたバルニやパートナーAの下落、少し前だと5000円介入のIBC、初値INのAppBank、初値INのラクトジャパン・・・等。

IPO戦略が功を奏していますが、ちょっと出来すぎ、であります。

 

出来すぎであることは決して悪いことではなく、出木すぎな状況も時にはあってよいのですが、悪いときも株は必ずあります。

8月中旬~9月上旬の下落局面でこれができるかというと、ほぼ無理と言ってもいいです(IPOで、安く初値が付く場合もあるので、それを上手く狙えれば勝てるかもしれませんが、他の紹介銘柄は下がるので難しいです)

 

何が言いたいかと申しますと、

いい時も悪い時も必ずありますので、バランスを見て頂ければと思います。

単純にこの銘柄を買いましょう、売りましょう、という方向性ではなく、

投資の理由やタイミング、などにも踏み込んでいければと思っております。

 

 

それでは今週もあと2日、頑張ってまいりましょう。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ