【無料銘柄診断】ロゼッタ(6182)

銘柄診断のご依頼を頂きましたので、お答えします。

※銘柄診断は、アライアンス・パートナーの@marketにご協力頂いています。

 

★ご質問

6182 ロゼッタ

・平均取得単価  4000円
・購入時期 7月中旬
・200株

今後買値まで 戻るのか それから近いうちに材料など出るのか?

損切はどのラインでした方がよいか?

◆ご回答

・今後買値まで戻るのか

成長性が評価されている銘柄。業績の数字(一株当たり利益など)より市場全体のセ
ンチメントに左右される部分も大きいので、株価の振れ幅が大きいのは覚悟。東証マ
ザーズ(指数や全体のセンチメント)が弱い中でこの値持ちは立派。ただ東証マザー
ズがここから更に売り込まれると一緒くたに売られる可能性もあるのでそこには注
意。逆に言えば、ひとたび東証マザーズの雰囲気が良くなれば、買値まで戻る可能性
はもちろん十分ありますし、5000円まで突っかけるのも難しくはないでしょう。
21年2月期の一株当たり利益のコンセンサスが87.343円、22年2月期で145.05円となっ
ているので、87.343x50=4367.15円、145.05x30=4351.5円と4300円ちょい上まで
は業績で見ても無理なく達成しそうな感じです。そこから上は上記の通り雰囲気の改
善次第だと思われます。

・近いうちに材料など出るのか?

現段階では聞いておりません。

・損切はどのラインでした方がよいか?

損切のラインはご本人の取引スタイルやリスク許容量(資産額や保有銘柄数、分散具
合など)に左右されますので、一概にはいえません。一般的には株価で-5%から
-10%ですが、こういった銘柄の株価の変動の大きさを覚悟して購入したのであれ
ば、-20%も考えられます。チャート的には9月3日の安値3065円を切ってくると要警
戒ですので、-20%と合わせて3100円から3200円まで下がってしまったら、損切りな
のか買い増しなのかを考えるところだと思います。

以上。

無料銘柄診断をご希望の方はこちら

お手持ちの銘柄・株式投資全般についてのご相談がありましたら、無料銘柄診断をご利用ください。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ