【相場観】懸念材料続く 厳しい年始ですが個別は元気いっぱい 推奨銘柄インベスターズ(1435)2日連続ストップ高

年初から厳しい情勢。

 

昨日の海外の堅調さを受けて日本株も買い優勢でありましたが、

上海市場の開始を前に、円高が徐々に進行。

中国非製造業PMIは堅調であり、上海株はいいのですが、

北朝鮮による核実験の可能性が出てきています。これにより日経平均一段安、円高。

 

さらに、iPhoneの最新モデル減産との報道も出ており、電子部品、半導体関連も弱弱しい。

 

年初から懸念材料の連続で、日経平均先物も一時18000円を割り込んだ。厳しい状況です。

 

そんな中ですから、紹介している銘柄も厳しいものも中にはあるのですが、個別は元気であります。

フィンテック関連のセカンダリである、3●●●は本日7%上昇。紹介からも10%以上の上昇となっております。

昨日上げにあげた中国の不動産関連銘柄はさすがに調整ですが、

インベスターズ(1435) 1435 株価と銘柄情報 は、前場にストップ高。2連続となっております。

 

個別はいい状況ですので、こんな相場でも上手くテーマ株に乗れれば利益が出ております。

難しい相場ではありますが、頑張って紹介してまいりますので応援のほどよろしくお願いいたします。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ