【相場観】前場引け~後場はじめ 売りが殺到したか? 

後場もお疲れ様です。

 

前場後半~後場はじめ、日経平均、新興銘柄ともに落ちてきている。

 

特に一時1084まで上昇したマザーズ指数が、現在は1060程度であり、かなり下落しております。

 

これは、全体相場は別にして、新興系銘柄の追証の売りなどが発生した可能性も見え隠れすると考えられます。

しかしこうした、投げ売り場面についてはやはり買われやすいところ、ということでむしろ買い向かってみたいところ。

怖いところは買い、ということで会員様には、厳しい状態ながら昨日のマザーズ指数1050以下を一時仕込としてみましたところ、今のところいい雰囲気ではあります。

 

ここから下落するかどうか、というのが重要ポイントとなりますのでしっかりと精査はしていきたいが、やはり怖いところは買い、というのは間違いないでしょう。

 

後場、注意しながらも買い場があるかもしれません。

気にしながら見ていきましょう。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ