【相場観】買いポジションは削っておくという方向性 個別はまだ強い 一極集中の可能性も その他ヘッジ方法について

みなさまのクリックが励みになります。
記事に満足いただけましたら、クリックお願いいたします! → 人気ブログランキング

一種のトランプ不振が一発目の法案から再燃してきた感じの日経平均。

外資系が3月メジャーSQの売り玉を4月に回している情報もあります。

 

米利上げで年3回なら、十分に円安誘導できるレベルなのですが、日経が上がらなかった2日間の違和感があり、その後、予想通りの下落来てます。

基本的に買いポジションは削っておくという方向性を紹介していましたが、その通りの動きになってきました(個別は強いですね、判断に迷うところだと思います)

基本、19000円~19600円の長い間のボックスからの下抜け、しかも、明日は3月の株主優待+配当権利落ち日で約140円ほど日経が下がるのを見越したかのような売り仕掛け。

ここは、厳重注意の場面です。

日経の暴落までは少し考えにくいですが、チャートを見ると、ボックス下抜けの75日移動平均線下抜けということで、買いポジは一旦クローズするか一部手仕舞いしておくのが理想です。

 

 

このような場面でのヘッジに何を使うのが良いか。

それについては無料会員様以上にご提供させていただこうと思います。

以下に掲載いたしますので興味がある方はぜひご登録の上、ご覧くださいませ。

ここから先は「無料会員」限定の記事です。
無料会員登録すると、続きを見ることが出来ます。
無料会員登録の方法はこちら 》

残り:119文字 / 本文:644文字

みなさまのクリックが励みになります。
記事に満足いただけましたら、クリックお願いいたします! → 人気ブログランキング

お手持ちの銘柄、相場観、その他株式投資についてのご相談がありましたら、こちらからお問合せ下さい。他の方にとっても有益なご質問は、記事上で回答させて頂きます。

無料会員登録

無料会員登録
無料会員登録

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読

※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ