【相場観】【一般公開】今週の相場について相場観

おはようございます。

今週もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

今週の考え方ですが、

ネガティブである

として、先に考えておいたほうが良いように思います。

 

先週末は、マザーズ指数・新興銘柄の大幅下落がありました。

これを引きずる形で、日経平均にも影響が出てくる可能性を考えています。

 

木曜日は、すでに金曜日にマザーズ指数が下げる可能性について考えており、あらかじめ手段を取っていました。

また、当方では空売りはあまり推奨はしないのですが、ミクシィ(2121) 2121 株価と銘柄情報 の空売りなども推奨しました。

金曜日の結果は見ての通り、マザーズ指数は場中に大幅に値を下げることになりました。

 

さらに、いくつかのリスクヘッジ、あるいは下げ相場に転じた場合に稼げる方法などを紹介、今週はマザーズや、それらがどのように動いていくかを見ていく相場となり、買い銘柄というのは簡単には紹介しづらい相場になりそうに思います。

 

個別に関しては、個別をやることはあるかもしれませんがあくまでヒットアンドアウェイ方針。

 

基本的には、

①下げ相場でも利を出すことができるリスクヘッジでの銘柄選択

②個別はヒットアンドアウェイ

 

という戦略になると思います。

 

カイでやれる相場ではなくなるかもしれませんので、注意しながら進めていきます。

 

もしかしたら、たのしくない相場・・・となるかもしれませんが、

休むこともまた相場、とも言いますし、常にカイだけでやると投資家は勝てない事が多いです。

 

こういう戦略を取るときは口を酸っぱくして言うことになって申し訳ないのですが、下げ相場のときは休むも相場、あるいは下落時にもプラスになる銘柄を狙います。

うまくハマれば、通常の銘柄よりも大きくプラスになったりしますので、こういった投資方法も是非覚えておきましょう。

 

それでは今週もどうぞよろしくお願いいたします。

お手持ちの銘柄、相場観、その他株式投資についてのご相談がありましたら、こちらからお問合せ下さい。他の方にとっても有益なご質問は、記事上で回答させて頂きます。

無料会員登録

無料会員登録
無料会員登録

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ