【覚えておきたいチャート状況】スイングトレードで、下げやすいローソク足

ダウのチャートを見ていたところ、BOX圏内であるのですが、高値圏で下げやすいチャート状況が見えやすかったため、紹介いたします。

 

下げやすいローソク足

上の画像は、ここ最近のダウの、日足でのチャートです。

 

白丸で囲ったところが、その後下げる状況となりやすい足のローソク足です。

非常にシンプルに紹介しておりますが、要は、

 

「前日のローソク足の間から始まり、下に向けて、前日の安値以下の水準で引けると、翌日以降下げやすい」

ということです。

 

必ずしもそうならないのは当然ですし、それだけで相場を判断することはできませんが、

無作為にやると50%程度であろう確率を、60%~65%程度にするのには便利な足の形となります。

 

そして、先週の末が一番右のローソク足ですが、小さい陰線の形ながら、

「前日のローソク足の間から始まり、下に向けて、前日の安値以下の水準で引けると、翌日以降下げやすい」

になっております。

 

ちなみに、今のところ欧州の相場は下落気味であるようです。

本日は有料会員様向けに紹介している、先物の予想などもありますし、ダウがどうなるか、注目したいと思います。

(ただし、ドル円で、一気にドルが上昇、円安となったため、日経平均先物は上昇しております)

 

 

これは下げやすい形ですから、これをそのままそっくり、逆転させると上げやすい形もわかると思います。

 

1つの参考にしていただければ幸いです。

 

→ 22時48分現在 本日のダウは

・ギリシャ懸念

・米 早期利上げ懸念

等の影響により、上記のテクニカル指標の通り、100ドル近い安値となっております。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ