【相場観】IPO銘柄には注意が必要 相場観は継続路線

 

先週末、本日でほとんど短期的な銘柄は推奨終了、大方利確となりました。

本日は日経平均は下落、マザーズ、JQは強いのですが、その強さはあまりメインには見えない状態です。

 

後場にかけて、前場もそれほど強くなかったIPOが、少々下落局面になってきています。

当サイトとしては先週、そして今日で推奨を終了をしましたので痛い目にあうまえにしっかりとキャッシュとできたのですが、

少し早めにキャッシュ化を進めるのかもしれません。

 

次のIPOが近々ありますから、それに向けての資金の用意、特に銘柄によっては即金規制となる可能性もありますから、資金を確保しておこうというのは分かります。

 

その動きの顕著なのが、ベステラ、PCIHD、あたりの値嵩系銘柄か。

紹介している銘柄の中で、アイビーシー(3920) 3920 株価と銘柄情報 はしっかりと利益が出ているのですが、本日さきほど9500円まで回復したのですが、ベステラなどに抑えられこちらも弱い。

チャートが壊れていませんのでこちらは継続していますが、慎重派は利確したほうがいいかもしれません。

 

全体相場としては、二番底での反発に期待していることは変わらず、年末は特に強い相場になりやすいのは基本的な考えですから、方針は変えませんが、IPOは少し用心したほうがいいかもしれません。

 

相場の展開に変わりがありましたら、また更新させていただこうと思います。

 

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ