【リスク有銘柄】信用規制解除の観点からリスク有り銘柄紹介

 

信用規制解除は東証次第ですが、いくつかのチェックポイントが存在します。

 

具体的には

(1)残高基準 

 次のイ.及びロ.のすべてに該当する場合 

 イ.5営業日連続して売残高の対上場株式数比率が12%未満である場合 
 ロ.5営業日連続して買残高の対上場株式数比率が24%未満である場合 

(2)株価基準 

 5営業日連続して各営業日の株価と各営業日時点における25日移動平均株価との乖離が15%未満である場合 

 

以上なのですが、上に合致したとしても、東証判断で過熱感が取れていないと判断する場合は継続する場合もあります。

 

現在、気になる銘柄、あるいはリスク有り銘柄、などとして2つほど紹介しておきます。

2に合致する可能性が高い銘柄です。

解除となれば、上昇する可能性は高くなります(上がらないことももちろんあります)

 

・ドーン(2303) 2303 株価と銘柄情報

②の条件 4日目です。動きも過熱感がなくなっており、そろそろ解除されるのでは?と思います。

本日1540円以下で該当。

 

・テックファム(3625) 3625 株価と銘柄情報

②の条件 4日目。

ただし動きに過熱感がありますのでこちらはまだ時間がかかるかもしれない。2726円以下で一応5日目、該当します。

 

 

やるなら、ドーン(2303) 2303 株価と銘柄情報 ですね。

持越ししなければならないですし、解除されなければそれを期待して買っている向きが多ければ、寄りなどで売りが出るかもしれない。

逆に材料が出れば窓を開けて上昇する可能性もあるので、材料次第となります。

 

が、状況を見れば、特にドーン(2303) 2303 株価と銘柄情報 のほうはそろそろ解除されるのでは?と思います。

解除されてGUで始まるならば、上がったところで利確、という手段がとれ、稼ぎやすい1つの方法となります。

お手持ちの銘柄、相場観、その他株式投資についてのご相談がありましたら、こちらからお問合せ下さい。他の方にとっても有益なご質問は、記事上で回答させて頂きます。

無料会員登録

無料会員登録
無料会員登録

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ