【IPO】3/24 上場 オロ(3983)初値予想と銘柄評価。初値株価に投資妙味はあるか?

みなさまのクリックが励みになります。
記事に満足いただけましたら、クリックお願いいたします! → 人気ブログランキング

 

銘柄情報

◆会社名: オロ(3983) 3983 株価と銘柄情報
◆事業内容:自社開発ERPパッケージソフトウェアの提供・保守および
WEBを活用したマーケティング支援事業
◆関連セクター: 情報・通信業
◆関連・比較・類似銘柄とPER:

・野村総合研究所(4307:東証1部)予想22.51
・オービック(4684:東証1部)予想24.01

◆公開価格 想定発行価格1930円 時価総額はOA含め、22.1億円程度 
◆ベンチャーキャピタル(VC)有無 無し。
◆大株主 会社関係者。
◆ロックアップ 上位4名株主に90日間
◆上場市場:東証マザーズ
◆PER:17.1倍

所見

ここは、クラウドサービスによる業務システム提供等のシステムインテグレーション、ウェブを活用したコミュニケーション戦略の立案・実行を中心とするウェブマーケティング、ウェブインテグレーションを展開している会社です。
主に「ビジネスソリューション事業」と「コミュニケーションデザイン事業」の2つからなっています。

「ビジネスソリューション事業」では、企業・組織における効率化や生産性向上等の業務課題を解決するソリューション及びサービスの提供を事業としています。
具体的には、クラウドサービスにより提供される※ERPパッケージ「ZAC Enterprise」及び「Reforma PSA」の開発・販売、ITインフラの構築・運用業務、企業のIT戦略を立案・提案するITアドバイザリー業務等を提供しています。
※ERP…「Enterprise Resource Planning」の略語で、企業全体を経営資源の有効活用の観点から統合的に管理し、経営の効率化を図るための手法・概念のこと。

「ZAC Enterprise」は、企業内における販売・購買・勤怠等の各種業務処理の効率化を支援する統合基幹業務システムです。
業務効率向上、収支管理レベルの向上、内部統制、管理会計に基づく経営判断の支援等の導入メリットを実現すると考えています。
当製品のユーザー企業は、広告業・ITサービス/ソフトウェア開発業・コンサルティング業に代表されるプロジェクト型ビジネス・知的労働サービス業が中心となっています。
販売については、オロによる直接販売に加え、大手ソフトウェアベンダーや商社等の販売代理店を経由した間接販売も行っています。

「Reforma PSA」は、オロが標準的なパラメータを予め設定し、導入企業それぞれの要望にあわせてパラメータの変更やカスタマイズ等を行わないことで、顧客企業に対し標準の講習のみで導入可能とした製品です。
当製品のユーザー企業は、「ZAC Enterprise」の顧客企業の業種と同一ですが、当製品の対象は中小企業となっています。
販売については、専任の営業を置かずウェブサイトからのオンラインによる販売となっています。

「コミュニケーションデザイン事業」では、ウェブを活用し組織・企業のマーケティング全般を支援するウェブマーケティングと、ウェブサイト及びウェブシステムの企画、構築、運用を行うウェブインテグレーションの2つをソリューションとして提供しています。
これらのソリューションを通じて、マーケティング、採用活動、広報、IR、社内コミュニケーション等、組織・企業のコミュニケーション戦略の立案・実行を支援しています。
取り扱い製品や店舗拠点数が多い企業のウェブサイトにおいては、商品情報の更新や、拠点・店舗ごとのサイト・ページ情報の制作・更新等、日々大量のウェブサイトの修正・更新作業等が発生します。
そこで、同社は大規模サイト運用に特化したオペレーションチームを配置し支援を行っています。

あわせて、オロでは東南アジア、中国の連結子会社を活用した海外進出支援・マーケティング支援、インバウンド集客支援に強みを持っています。
当事業の顧客企業は、業種を問わず大企業が中心となっています。販売については、オロによる直接販売に加え、大手広告代理店等の提携先を経由した間接販売も行っています。

業績・財務

ここからは、業績・財務面を見てみます。
売上高は、きれいな右肩上がりで推移しています。経常・純利益面は、年度にバラツキが見られるものの、直近は急拡大しています。
自己資本比率は67.4%、営業キャッシュフロー、現金同等物、何れもプラスとなっており財務面での安定感はあります。

まとめ

オロが手掛ける事業は、クラウド関連という事も有り、テーマ性においては話題に上がりそうですが、規模が大きめのため、初値高騰とまでは行きにくいのではないかと思われます。ただ、主要株主にはロックアップが掛かっていますし、VCもいないため、需給面では良好です。資金に余裕があるのであれば、申し込んでも良い案件ではないでしょうか。

その他、現在要注目の銘柄

テンバーガー候補の注目銘柄です。すでに発進中。興味がある方はぜひご覧ください。

【リスク有り】【新規銘柄】テンバーガー候補 2●●● 無料会員様へ公開いたします☆

みなさまのクリックが励みになります。
記事に満足いただけましたら、クリックお願いいたします! → 人気ブログランキング

お手持ちの銘柄、相場観、その他株式投資についてのご相談がありましたら、こちらからお問合せ下さい。他の方にとっても有益なご質問は、記事上で回答させて頂きます。

無料会員登録

無料会員登録
無料会員登録

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読

※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ