【リスク有銘柄】IPO ロックオンSTOP高継続 JIA(7172)、リアルワールド(3690)の違い

IPO銘柄 9月に、現在3本でてきています(本日上場した3300 AMBITIONもありますが、まだ寄ってないので別とします)

まず、ロックオンとリアルワールドは同日に上場していますが、明らかにVCの売りがかさんでいます。

そして、この2つの銘柄の違いは、明らかな人気度の差。

 

リアルワールドはクラウドサービスの運営が主な事業。

こちらはIT関連銘柄といっても、すでに他の業者も手掛けている上場企業がかなりあり、それほど目新しさがないため、人気度も低い。

ロックオンはアドテク関連で、人気度はピカイチ。

 

リアルワールドの競合企業が

・GMOネット、クロスマーケティング、VOYAGE等。

ロックオンの競合企業が

・UNITED、サイバーエージェント、ファンコミ等であることを考えると、その人気度の違いも分かりやすいと思います。

 

この人気度から、ロックオンは昨日の下髭、本日ストップ高という動きに現れておりますし、ITでも地味系と言われそうなクラウドサービスを展開しているリアルワールドは株価としても、地味な動きになってしまっている・・・ここはある程度仕方のないところです。

VCの売り、資金吸い上げ、幹事となっている証券会社の違いなどもありますが。

 

このあたりから、前回の紹介で申し上げたリスク有銘柄としては、リアルワールドは割り切りで、利益でればさくっと利確したほうが良いのでは、また3500円を割れる等、最近の安値、つまり本日の安値+心理的な3500円を割ってしまうのであればあっさりロスカットする。以上のような感覚で考えています。ここは、昨日IPOとして寄って、VCの売りが出た展開から、本日の動きを見た、2日目の相場の感覚です。

 

さて、もう一つの銘柄

JIA(7172) 7172 株価と銘柄情報

こちらは、寄ってから5日目の相場ということで少し話が違います。

徐々に底が見えてきていることから、チャートの動きも読みやすくなっています。

今が値固めの時期の可能性があり、この根固めをしている状況。

 

またこの銘柄に関しては、ITとは違うため個人の爆発的人気はないかもしれませんが、M&A関連の銘柄ということで、セクター自体の人気度は高い。

類似上場企業としてはGCA、M&Aキャピタル、M&Aセンター等であり、良く知られている人気企業。

下値は堅そうであり、他IPOの人気が高まってくれば、ここを押し目として徐々に上昇、スイング~中期で面白い銘柄だとみています。

 

上の2つの銘柄とは明らかに内容が違う銘柄・・・であり、またVCがほとんどありませんので、前述の2銘柄に比べてVCの大きな売り等が出る確率が非常に低いため、投機系というよりは、時価含む押し目歓迎狙い銘柄として、上の2つとは違う観点で、かなり面白いでしょう。

 

ここまでの3つのIPOについて、少し美味しい情報かもしれませんが情報提供でした。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ