【相場観】4月後半のIPOに向けての考え方

 

まずは、IPOに向けての考え方。

 

サンバイオは結局下落となってきています。

正直なところいい雰囲気は皆無です。

 

IPOとしては、次のIPO 4月17日からの海帆からが本番です。

 

IPOの銘柄の詳細はまたにするとして、

そろそろ、IPO資金の確保の為の換金売りが出る頃であり、

24日のレントラックス

 

このあたりに向けて、利確、換金を進めてくるものと見ます。

 

となると、今週末~来週頭 火曜日ぐらいまで利確の動きが大きくなる可能性が高くなるということであり、

そのあたりまでの動きは注意しておきたい・・・ということになります。

 

個別はあまり関係ないですし、大型株もさほど問題無いでしょう。

 

影響が出てくる銘柄を列挙していきますと

すでに利確をすすめていますが、有料会員様向けに紹介している銘柄のなかではカヤック(3904) 3904 株価と銘柄情報  あたり。

 

他、最近のIPOである 多いですが

sMedio
プラッツ
日本動物高度医療センター
モバイルファクトリー
シンデン・ハイテックス
ハウスドゥ
Aiming
ファーストコーポレーション
RS Technologies 3445
イード2050
エスエルディー
ヒューマンウェブ
ショーケース・ティービー
コラボス
エムケイシステム
シリコンスタジオ
ホクリヨウ
ALBERT
ファーストブラザーズ
ファーストロジック
KeePer技研

 

あたりは利確、新規IPOを理由とした換金売りが出る可能性があるので注意が必要です。

 

新規IPOで、狙えそうな初値なのかどうか、また狙える銘柄なのか、等については都度紹介できればと思います。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ