【相場観】上海株大幅下落 サーキットブレーカー発動により取引停止 日本株も大きく下落中

年明けから中国のPMIの指標の悪化から、各国株安につながり、さらに円高、北朝鮮問題、と問題が勃発中。

上海株が本日、サーキットブレーカー発動。

日本株も下落、円高方向。

安定的である円のほうに資金が向くのはある程度仕方のないところ。

 

日銀も現在の状態では静観が基本でしょうから、まずは日経平均等から考えると海外情勢が落ち着かない限りは厳しいでしょう。

 

さすがにここまで下げてくると、各銘柄も弱いが、年末に紹介しましたある指数(1●●●)はほぼ10%の上昇となっております。

以前、ちらっと紹介しましたので、そろそろいったん利確どきかもしれません。

 

難しい相場ではありますが、年末年始に上昇した株で利益は出ているように思いますし、全体相場が下げているのですが、反発するときは反発しますから、その反発相場をうまくとって行ければと思っております。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ