【相場観】3月29日相場観 海外はまちまち 上海ディズニーランド大盛況 

おはようございます。

本日もどうぞよろしくお願いいたします。

 

ダウ、海外市場はまちまち。

前日比 +19.66ドル。

ドル円相場は113.41円、とこちらも小動き。

 

日本側は閑散とした相場になっており、その分IPOや新興など個別、個人投資家に注目されているような銘柄に資金が集まっている。

また、本日は日本株については権利落ち日となり、およそ130円の下落があります。

本日はいったん下げますが、しかしこの権利落ちをきっかけに、動きが出るかもしれませんので要注目となるでしょう。

 

なお、大型株や景気敏感株、日経平均に寄与するタイプの銘柄にはさほど資金が集まっておらず、の環境。ここで利益を上げれる投資家は、どこに資金が向くのかを予想し、あらかじめ買っていた銘柄がヒットした方が中心でしょう。

 

その筆頭としては、不動産・民泊、AR/VR、バイオ関連等、材料性のある銘柄が上げられます。

 

個別が動いている相場であれば当サイトの得意とするところですが、1月に発表されたマイナス金利の後、不動産にずっと注力しており、そろそろこちらを利益確定のタイミングを計りつつ、新規のセクターに注力していくイメージです。

 

そのセクターというのは、上記にあげたバイオはすでに怖いところまで上げているものが多いためスルー、VR・AR関連は面白いと思われます。それらの銘柄(3●●●など)の押し目は狙うべく監視しておきたい銘柄。

 

また、IPO関連で、個人に人気系の銘柄に資金が集まりつつある。

 

推奨中のIPO銘柄、3●●●などはその筆頭です。

昨日、始値をブレイクしたところで推奨しましたが、いい流れの中で終えています。引けにかけて下落→再度上昇、ということで上下動も激しく、何か意図があるかもしれない。新値期待としています。

 

また、こちらもIPO推奨の6●●●が中途半端な動き、こちらは個人に人気というよりは中堅、決算などを含めた銘柄ですから、地道な方向性。じっくり見ていきたいと思います。

 

他、不動産は堅調。民泊にも継続性があり、どこで利確するのかを考えつつも継続したいところ。インベスターズ、AMBITION、プロパストの3銘柄が民泊としては特に注目されます。

これらは十分利益が出てはいますが、うまいところで利確を考えていつつも・・・まだまだ上があるかもしれませんので、しっかり見ていきたいと思います。

 

また、タイトルに書きましたが上海ディズニーが活況。3/28からチケット販売が開始ですが、定価の数倍で取引されているとのこと。

これが続くのであれば、上海不動産関連である、こちらも推奨中の不動産銘柄、8●●●に資金が集まってもおかしくない。こちらは一応、200円以下で推奨していますが、400円目標としております。現在は300円台。

 

前年後半からしっかりといいもの推奨できていると思いますが、今は停滞気味な状態のものもあります。

 

現在動いている、新興、IPOの流れにいったん乗ることができればと考えております。

 

良い情報等があれば、会員様から優先して新規銘柄等紹介の紹介をしていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

それでは本日もどうぞよろしくお願いいたします。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ