【特集記事】【無料情報有り】グレートローテーション現象!?日経平均の目標株価と、日経平均の上昇を利益にする方法

昨日のトランプ補佐辞任と東芝ショックで短期的に調整させられた日経平均は、昨日の米FTBイエレン議長の米景気が良くなれば利上げを断行していくという姿勢を再度確認して、

円安が一段と進行。

やはり、トランプ政策による財政出動から米国債が売られて米金利上昇が加速して行く流れは変わらず。更なる、円安が進行すると予想できます。


短期的には、日経にも追い風は変わらないので、強気継続。


米ダウも青天井モードを行く所まで行けるチャートより、疑心暗鬼の状態で買っておけば、みんなが強気になり始めた頃までに相当な値幅上昇取れると思います。

これは、ファンダメンタルとか関係の無い、債権バブル→株への資金シフトである

グレートローテーション現象(敢えて、現象と書いておきます)であり、こういう転換期には、過去にも異常なまでに株価は買われています。

日経平均の上昇目途は、22000円と読んでいます。世界の国策が強引にでも、グレートローテーションを起こさせる政策なので、短期的にはそういう資金の動きをせざるを得ないのです。

長期的には失敗するかもしれませんが、短期的には美味しい相場局面と捉えて強気で対処です。

それを踏まえて、以下記事では上昇局面で株以外のオプションなどでも利益を出す方法も含めて紹介していきたいと思います。

今週の日経平均は大相場の転換期となる可能性が高いと予想した通りの展開となっています。

朝一は円高気味で始まった月曜の為替市場には、日経先物買いとドル買い(円売り)筋の仕掛けより、大きなGU(ギャップアップ)スタートにも係わらず、週末金曜日の高値の19395円の窓を埋める事なく、上昇を開始してる事から完全に買い方優勢の展開となっているのが分かると思います。

日経平均は二空の窓からネックとなっている19500円ラインを日経先物で突破してきており、債権→株式への資金シフトであるグレートローテーションが予告通り進んで来てると思います。

 

明日も窓を開けてGUスタートとなれば、最近は利食い売り優勢だった外資系ヘッジファンドの買い戻しなども合わせて短期的な大幅上昇があるタイミングと言えます。

こういう日経平均の上昇タイミングでは、(1570) 1570 株価と銘柄情報 日経レバレッジの買い、(2035) 2035 株価と銘柄情報 日経VIXの売りなどが有効ですが、日経平均先物買いや、日経225オプション取引のコール買いという選択肢もあります。

あくまで、グレートローテーションが進行していくとすると、日経平均株価はまず2万円の壁に当たるでしょうが、円安の進行と、米ダウの上昇が止まらなくなると、日経平均2万円を超えてくれば値動きは非常に軽くなり、2015年のアベノミクス相場の日経平均の高値である20952円に迫り抜いてくる可能性も十分あると見ています。

 

今年の日経平均の高値予想は、22000円と言っていただけにそれに近い株価まで上昇してもおかしくないと見ています。

 

日経平均の月足チャートは、強気転換しており、2012年11月スタートのアベノミクス相場の上昇の振幅が

9000円→16000円の第一波

14000円→21000円が第二波

と、

7000円ずつ上昇してる法則を利用すると、

去年の底値圏の15000円から7000円上昇の22000円が第三波の目標値となります。

 

過去のグレートローテーション相場を見ると、インフレとなると、企業業績に関係なく株が買われて景気が良くなる(物価の価格が高くなる)事から、業績は後からついてくるような形で上昇しています。

今回の日米首脳会合による密談の中で、このような狙いは密約されている可能性は高く、日米共に株価のバブル的な上昇劇が繰り広げられる可能性が高まってきています。

一生に一度あるかないかのグレートローテーションという大転換を大きな利益にして行きましょう。

 

<カブタン@日経平均チャート(月足をクリックすると解説に意味が分かると思います)>

https://kabutan.jp/stock/chart?code=0000

 

ちなみに、日経平均が19500円→22000円になったとすると

 

【日経ETF買い】

(1570) 1570 株価と銘柄情報 日経レバだと、約15%上昇より、二倍の動きをするので約30%の利益です。

 

【日経先物買い】

日経平均先物の買い 証拠金:現在81000円(SBI証券 先物mini1枚辺り)で計算すると、

日経平均先物買い ラージ1枚(81万円=mini10枚分)が19500円→22000円になると、

ラージ1枚で、100円の上昇で10万円の利益(mini1枚辺り1万円の利益)より、

2500円の上昇を取ると、ラージ1枚で250万円の利益(mini1枚辺り25万円の利益)となり、

81万円の投資が331万になり、約300%超の利益となります。(税金は考慮せず)

 

※日経先物mini1枚(81000円)の投資でも33.1万円になる計算です。

このように、株しか知らないより、取引手法として投資手法の勉強をする事で、思惑が当たった時のリターンは、約10倍違う事もあるのが投資の世界です。

また、日経平均の上昇を少額資金から増やす方法は沢山存在しており、先物取引の利回りを超える事が可能な日経オプション取引なども存在しており、個人投資家の数%しかこういう取引の存在を知らないと言われていますが、これからの時代は色んな武器を持っていて損はない時代だと思います。

お手持ちの銘柄、相場観、その他株式投資についてのご相談がありましたら、こちらからお問合せ下さい。他の方にとっても有益なご質問は、記事上で回答させて頂きます。

無料会員登録

無料会員登録
無料会員登録

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ