【相場観】総じて弱し。世界経済のほか、エボラ出血熱 パンデミックリスクにも懸念

おはようございます。

 

世界経済の後退懸念

エボラ出血熱 パンデミックリスクの懸念

等が中心の売りか。

 

それに対して、

・10月の波乱によるリスク管理によるキャッシュ変換

・10月15日までに行われるファンドの利益確定、売却

 

などが主な理由となっている売り。

 

それに材料がついてきている状況と考えております。

 

場合によってはもう一段、下げもあるかもしれませんが、今後の展開の予想については先週末に出しました会員様への紹介で紹介しております。

本日、かなり怖いところですが、怖いところこそ・・・という格言もあります。

怖いところで、もうだめだと売ってしまうとそこが底であったというのはよくあることです。

 

厳しい相場が続きますが、かならず上昇局面にも大きな売りはあります。

頑張ってまいりましょう。

 

今週も宜しくお願い致します。

 

 

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ