【相場観】新興全体に注意が必要な展開か 少し気になる新興相場

新興市場全体に注意が必要な展開か。

 

決算が本格化してきます。

大型株に関しては、概ね好調がウワサされるようになっており、円安、日経平均は上昇、海外市場も、10月中旬までのファンド売りから一転、ファンド買いという流れによって、株価はかなりの部分を回復する展開に。

当サイトであげております中長期的銘柄に関しては、別段問題なく、堅調な推移となっております。

 

しかしながら、昨日マザーズ指数の凋落の可能性をご案内しており、まだ実際にはわからないのですが、短期的に調整の可能性も・・・と示唆しております。理由はいくつかあるのですが、要は個別銘柄の中でも、気になる銘柄の相場の落ち目が、決算などから頻発してきているからということです。

 

一つの例は昨日、決算を出しました JIA(7121) 7121 株価と銘柄情報 となるのですが、決算が期待されSTOP高まで買われた後、本日マイナス幅がきつくなっております。

 

一昨日に決算を出したあるゲーム銘柄についても、決算はそれほど期待されていませんでしたが、決算が出た後、すでに15%のマイナス。

このゲーム銘柄は、有名アプリを排出しており、同じように有名アプリを排出している銘柄の将来的な見解に影響を及ぼす形になるため、そういった銘柄の多いJQ、マザーズ 特にマザーズのほうには影響が出る可能性が懸念されます。

よって、実際に予想通り動くのかどうかはわかりませんが、キャッシュポジを整えて、中長期路線の東証一部や決算期待で新興以外の銘柄は継続、

新興銘柄はいったん利確、キャッシュを整える、というイメージで戦略を進めております。

 

ただし、人気ブログランキング銘柄21XX (「XX」の部分はコチラ から)

は、押し目は昨日も買いとしましたし、銘柄によっては押し目はやはり買われる展開、これにも理由があります。

 

日経平均はこのように堅調、なのですが、それだけに新興もあげてほしいところなのですが、悪い材料(というよりも決算などからくる慎重路線)が続いており、新興、特にマザーズ関連や最近世間をにぎわせたセクターの銘柄などは調整がきつくなるかもしれないと思っております。

逆に、調整したところは買いだと思いますので、セクター情報、調整どころはどこまでなのかをしっかりと予測したうえで、底を取りに行く戦略にしようと画策しているところであります。

(下げなかった場合の戦略も考えていますが)

 

株は水物ですし、予想通りにいくかはわかりませんが、予想を立てて勝負をすることが大事です。

まずはリスク管理の観点から戦略を保守的にしておりますが、今週末などにしっかりと分析をして銘柄など出していければと考えています。

 

積極的押し目待ちをする銘柄、

戦略的キャッシュポジを整える銘柄、

などいろいろですが、有料会員様向けにはそれぞれの銘柄で、持ち越すのか、キャッシュにするのか、積極的に押し目を待つのかなど紹介させていただいております。興味がある方は2週間無料会員をご利用くださいませ。

 

無料記事でも気になるセクターなどの情報を出していけるかもしれませんので、今後も遊びに来ていただければ幸いです。

 

それでは後場もがんばってまいりましょう。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ