【相場観】大和証券が面白い記事をあげています。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL17HIO_X11C14A1000000/

 

日経新聞オンラインから。

記事を全て見るには登録が必要ですが、検索等すれば色々なところに転載されているようです。

 

要は自民党が勝つと、どこまで株が上がるかの指標にということです。

 

追加緩和策のことを考えると、

・議席は多いほど良い

・総選挙での争点はアベノミクスの是非と今後の策

 

こちらの記事では、議席をいくつ自民党が取ると、いくらまで株価があがるという予測をしています。

実際にそれを見て買う、ということはしませんし、惑わされることもありませんけれども、一つの指標としては面白いと思います。

 

なお、昨日、GDPの予想外の落ち込みで、ちょっとしたプチ暴落がありましたが、

有料会員様には新興銘柄を2,3出していい展開となっております。

いい押し目チャートが出来上がってきていますので期待したいと思います。

 

GDPは確かに予想外に落ち込みましたが、そういった数値よりも、追加緩和による実際のリスク資産に流れる資金力の方が基本的に影響力が強いと考えられます。自民党が勝てば、その流れは継続する、という考え方が大方。

 

つまりは、しっかりした押し目はねらい目、と考えておいて、いいと思います。

 

いつも申し上げていることですが、株は安いところで買い、高いところでは売るです。

逆はやらないようにしなければなりません。

難しいのですが、追加緩和がある状態で、昨日のような安値はやはり買い、であり、

もし今日下げていたとしても、そこは更に買うのが勝負どころです。

 

もちろん、本当に悪い材料があったら話は別なのですが。

(そこはきちんと、さらに下がる材料なのか、そうでないのかはきちんと考えなければなりません。分析は必要です。)

 

300議席で2万超えというのは実際どうなのかなと思いますが、年末の師走相場も考えますと、18000円方向はありえると考えております。

読み物としては面白いので、興味がある方は無料ですので登録してみて下さい(決して日経新聞と関係があるわけではありません、念のため)

 

それでは残り1時間、頑張って参りましょう。

 

 

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ