【相場観】【勉強記事】こういった相場で、上げていく銘柄も動きが少ない理由

特集といったほどのものではないですが、こういった悪い相場で、動きが少ない、あるいは上を取っていく銘柄が少ない理由を簡単に紹介します。

 

単純に考えても相場が悪いから、と言ってもいいのですが、もう少し踏み込みますと、

 

・悪い相場の時は、上げても、売り意欲が多いため上げづらい

・上値は抑えられる 売りたい人が多い

・上げても提灯が付きづらい

 

などが上げられます。

 

逆に強い相場のときは、少々株価が高くとも、買わないと出遅れる!と積極的な個人などがいるわけで、上がりやすくなります。

 

単純明快ではあるのですが、たとえば、大口やファンドなども、投資で利益を上げるために銘柄を仕込むわけで、

敢えて相場の悪いときに上げようという動きはせずに、相場の流れに乗った動きをすることが多い。

逆に、こういった悪い相場では、大口やファンドなどは、仕込み時とばかりに下の板を仕込んでいたりします。

そして、ほとぼりが冷めたころに上昇させたりします。

 

つまり懸念事項があるときに、上昇を狙う可能性は低いわけです。

 

ファンドや大口なども、資金などは限りがありますし、それこそ生活がかかっておりますから、いつでも買って、いつでも上げるなどということはせずに、じっくりと仕込んで機を待つ、ということをします。

 

ただし、そんなことは関係ないとばかりに上げていく銘柄もありますし、

材料が出ていたり、セクターごと期待される材料があったりすれば話は別ですから、例外ももちろんあります。

 

しかし基本的には、やはり相場が悪いときには、たとえ仕手銘柄であるとか、材料が出た銘柄だからといっても、上がらず・・・

後になって、相場が落ち着いたときに上げてきたり、

また、やるものがない状態になりますから、低位株など普段動かないようなところ、相場と本当に関係がない銘柄などに資金が集まったりするわけです。

 

当サイトは仕込銘柄が得意なジャンルの1つではありますが、以上のようなことを考えていくと、

「みんなと一緒に強い相場で買うのではなく、あえて下げていくところで買う、膠着状態で買う」

ことの面白さもわかっていただけるのではないかと思います。

 

ご参考までによろしくお願いいたします。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ