【相場観】ファーストリテイリング(9983)の下落が激しい。

ファーストリテイリング(9983)の下落が激しい。

本日の日経平均に影を落としている主役はこの銘柄か。

 

チャート的には微妙なところで、25日平均線が下支えになるかどうかというところです。

決算による出尽くしもありますが、

3日に出た6月の月次報告が正直なところいい数字ではなかったことが懸念もされており、影を落とす格好か。

悪材料、出尽くしによるマイナスですので、チャートによる下支えも役に立たないかもしれませんが、中長期でみれば押し目は買いだとは思います。

 

この銘柄だけで、本日の日経平均に-140円ほどのマイナスの影響。

他の銘柄だけであればプラマイゼロか若干プラスとなっている状況です。

 

ギリシャ問題は、新提案をギリシャが提出し、妥結を目指している。

結局は妥協点を見つけることになりますが、12日で決まるかどうかが争点。

決まればGU、決まらなければGD、という可能性が高く、決まらなければ中国の株価もまた暴落という可能性も高く、持越は丁半博打の様相です。

 

慎重にいくならば、ここは持越は基本的にせず、静観、読める相場を待つ。

積極的にいくならば、この突っ込みどころは拾いたい場面ですので、万が一ギリシャ問題がさらなる混迷を極めた場合でも買えるだけの余力を残したうえでの積極策、といえるでしょう。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ