【相場観】注目は、FOMC、日銀総裁黒田氏会見。その他材料から相場観について

本日は、黒田総裁の会見があります。

これはさほどの影響はないと思いますが、夜については重要な材料があります。

フィラデルフィア連銀製造業景況指数発表が指標としては注目され、

FOMCの声明が非常に重要とされます。

イエレン氏の議長会見もあります。

 

有料会員様向けに、推奨のIPO銘柄を増やしました。

銘柄的には上げる前ということで、予想は難しい中、

イービーシーとブランジスタが軟調な中、そのIPO資金が別のところに向く可能性を考えての推奨。

(ちなみに、イービーシーとブランジスタは推奨しませんでした)

 

今のところイービーシーとブランジスタの資金は、ベステラに移行、ほぼSTOP高となるなど、かなり集中している印象ですが、これもベステラだけでなく、徐々にいろいろなところに入っていくのではないかと予想です。

メタップスも強い。投機資金が別のIPOに入ってきている印象があります。

逆に、少し前のIPOで、動きをずっと見せていたPCIHDやFFRIは軟調。銘柄の入れ替わり、人気の入れ替わりが見えてきている状況です。

積極的に今日から仕掛けましたが、今日の夜のFOMCをケアするのであれば、明日からのINのほうが安心ができると思います。

 

今日IPOを仕込んでいたとしても、さほどのプラマイはまだ出ていないため、それほど大きな問題はないのではと思います。

慎重にすすめたい場合はそのようにすると相場に逆らわず、リスクも少なくやれるということで、良いと思います。

 

難しい相場が続きますが2番底を形成するような動き。

今日の夜のFOMC次第で180度変わる可能性もありますが、がんばってまいりましょう。

 

 

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ