【無料推奨銘柄】任天堂(7974)円安~グレートローテーション現象恩恵銘柄 ポケモンGOの収益力は変わってない!

銘柄

任天堂(7974) 7974 株価と銘柄情報 に注目します。

Yahooファイナンスでは3月1日~末までの月間注目銘柄の1つです。

チャート状況

任天堂(株)【7974】の株価チャート

現在反発しつつある状況。

円安、ダウ強、日経平均強、など外部環境は整っている中、時価~押し目は再度ねらい目となるでしょう。

12月の下落局面での窓埋めに期待。

ファンダメンタル分析

時価総額 33,498 億円
予想PER37.22 [49.26]
実績PBR2.45
予想配当利回1.61% [0.89%]

銘柄性、材料

ポケモンGO相場から忘れかけられてる任天堂。ポケモンGOをやってる人やニュースは見なくなりましたが、
それは、日本だけの現象で、売上は全く落ちていない事を知ってますか?

リアルタイムな売上公表サイトではパズドラ/モンストの約8倍の売上キープしています。更には、世界一だったクラッシュオプクランの売上4倍を常にキープしています。(下に、サイトリンク有り)

この収益のだいたい30%は任天堂の収益(※間接収益)となりますが、アプリの売上高の10%は直利益として経常利益に計上されている。(今期も約150億円上乗せ)

しかし、それよりも、任天堂の海外売上比率に注目したい。

海外比率73%のこの大規模の会社が、ここ数ヶ月の円安での収益メリットは非常に大きく、1月30日の四季報では、一株利益が424円→635円に約1.5倍に上方修正されている。

また、ARのポケモンGOを始め、VR搭載の「スイッチ」の発売が期待される中、株価はポケモンGOの人気薄化で安くなっているが下値では拾われているので、押し目買い推奨です。

スマホアプリ@リアルタイム課金

http://appinstitute.com/pokemongo-realtime-stats/

※2月末は、パズドラ・モンストの8倍前後、世界的記録づくめのアプリのクラッシュオブクランの約4倍の課金はキープしてます。

ポケモンGOによる7974任天堂の収益モデルと株価予想

<アプリ収益>

ゲーム課金からの収益、アップルgoogleに決済手数料30%引かれる。

ナイアンテック30%×26%(出資比率:26%)=7.8%→任天堂(出資会社の含み資産)

ポケモン30%×32%(32%株主)=9.6%→任天堂(子会社の含み資産)

ポケモンがナイアンテックの26%株主なので、30%×26%×32%=約2.5%→任天堂(子会社の含み資産)

任天堂直取り10%→業績に反映される任天堂の利益となる。

で、アプリ売上の約29.9%(ほぼ3割)は任天堂の収益になる。

ポケモンGOが樹立した世界記録5つ♪

【ポケモンGOがゲットした5つの世界記録】

1.リリースから最初の1ヶ月で最も稼いだモバイルゲーム
2.リリースから最初の1ヶ月で最もダウンロードされたモバイルゲーム
3.リリースから最初の1ヶ月で世界中のダウンロード1位に最も輝いたモバイルゲーム
4.リリースから最初の1ヶ月で世界中の売上1位に最も輝いたモバイルゲーム
5.全モバイルゲームのなかで1億ドルの売上を最も早く稼いだゲーム

http://www.guinnessworldrecords.com/news/2016/8/pokemon-go-catches-five-world-records-439327

その他注目銘柄について

他にも注目している銘柄が多数ございます。よろしければこちらをご覧くださいませ↓

【推奨銘柄】3月13日以降のスイング~中期推奨銘柄 今後も期待できる銘柄をご紹介☆

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ