【相場観】トランプノミクスによるグレートローテーションと今後の世界相場予想

みなさまのクリックが励みになります。
記事に満足いただけましたら、クリックお願いいたします! → 人気ブログランキング

世界中から批判を受けて就任したトランプ大統領は、世界の警察を捨て、アメリカンファーストの元に、トランプノミクス相場を展開中です。

トランプ政権の内需拡大+法人税減税+大規模金融緩和などが実施され「国策に売りなし」の格言通りならば、短期的に、世界相場は以下のような動きになると予想されます。(グレートローテーション時の資金の流れです。)

<世界の投資商品の今後の予想>

・米株買い(2万ドルオーバーは史上最高値の青天井モード)
・ドル買い、円売り(トランプ政権が実質始まるハネムーン100日間は政策期待で上がる可能性高い)
・ドルペッグ通貨買い(香港ドル・エルサルバドルのコロン・中東産油国の一部・アジア諸国の一部など)
・世界中の国債債権は売り(グレートローテーションでは債権は売られる為。国の格付けの弱い国はデフォルトの可能性有り)
・商品先物買い(債権売りの額が大きいのでリスクマネーとして株以外にも商品先物に流入しやすい)

※グレートローテーションは、基本インフレ(円安)になるので、金・貴金属などの現物買いはリスクヘッジとしてオススメです!

また、トランプ政策の掲げる内需拡大から起こりつつあるグレートローテーションの流れと経緯はこちら。

【グレートローテーションとは?】

「グレートローテーションを一言で言えば、世界の投資資金が株式にシフトすることを言います。

また、2008年のリーマン・ショックからの約10年間、金融緩和や量的緩和を続けて刷り続けた世界中のお金の投資資金は株式から債券にシフトし続けました。

それにより、株価が大幅下落し、企業業績も落ち込んだため、安全投資先である債券に資金が流れてました。

しかし、米利上げによって債権価格の利回りが下がる(国債金利は上がる)事が予想されたら、今度は債券に集中していた投資マネーが株式に移動するという流れです。その大転換がグレートローテーションと呼ばれます」

リーマンショック時の大きな赤字を埋める為に、アメリカは米国債を大量に発行し、大規模金融緩和や量的緩和を実施し、更には世界中で通貨安競争や金融緩和合戦の挙句、史上最大級の債権バブルが作られてます。

その債権から株式への資金シフトのグレートローテーションが成功するかどうかはハッキリ言って疑問ですが、トランプ政策はグレートローテーションを前提に動いており、債権下落・米国債金利上昇・世界株の上昇・金価格の上昇・原油の上昇からみてグレートローテーションはすでに始まっていると見て良いでしょう。

トランプ政権の政策期待や米金利上昇に伴う日米金利格差拡大による円安の恩恵を受ける今年中盤くらいまでは、日本株・米国株は強気で良いと予想しています。

みなさまのクリックが励みになります。
記事に満足いただけましたら、クリックお願いいたします! → 人気ブログランキング

お手持ちの銘柄、相場観、その他株式投資についてのご相談がありましたら、こちらからお問合せ下さい。他の方にとっても有益なご質問は、記事上で回答させて頂きます。

無料会員登録

無料会員登録
無料会員登録

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読

※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ