【気になる銘柄】今週、かなり気になる銘柄をご紹介☆すでに上げている銘柄、これから期待される銘柄など

みなさまのクリックが励みになります。
記事に満足いただけましたら、クリックお願いいたします! → 人気ブログランキング

本日の相場もお疲れ様でした。

マザーズ、JQのチャートが反転間近のローソク足になっています。
直近安値を割り込めば再度下降トレンド突入となりますが、包陽線となっており、下降トレンドで出てくると反転サインとなることの多いチャートとなってきています。

【相場観】北朝鮮問題から明け、月曜日相場を眺めても一言 戻りに転じる可能性も含め考えつつ、相場を見ていきます。

(チャートは上の記事で公開しています。)

 

さて、その上で注目している銘柄を少し紹介してみたいと思います。
本日の相場では、マザーズもJQも寄りから強く、陽線を引いて終えました。
北朝鮮問題が予断を許しませんが、北朝鮮側もアメリカから攻撃を受けるようなことは避ける可能性が報道されており、事なきを得るような展開になるのであれば、下げた相場は自然と戻ることになります。

特に、新興に戻りが発生するのであれば個別銘柄などが面白くなってきますし、当方の得意相場になってきます。
次の一手を考えるために、いくつか銘柄を紹介してみたいと思います。

 

メドレックス(4586) 4586 株価と銘柄情報

すでに大きく上昇しているので、紹介のみとなります。
800円台で推奨し、現在ストップ高を継続中・・・であります。

ジーエヌアイ(2160) 2160 株価と銘柄情報 がここ数ヶ月で大きく上昇し、今や700円、800円という株価で、時価総額が800億を超える凄い状態になっています。ジーエヌアイ(2160) 2160 株価と銘柄情報 が上昇した理由は中国の材料がでたからですが、同じ規模の人口を擁すインドでの材料がメドレックス(4586) 4586 株価と銘柄情報 にはでています。同じような展開になるのであれば、数倍にはなるかもしれない・・・ということで今後も期待であります。

 

ACCESS(4813) 4813 株価と銘柄情報

IoTの本格化に向けて、インターネット関連ソフト開発に強みを持つACCESS(4813) 4813 株価と銘柄情報 は今後も上昇するのではないか、と予想されています。
岩井コスモ証券が1200円で目標株価カバーするなど、注目度も集まる。
少し前に推奨していてしっかり利益を出した銘柄です。
4月にはさすがにこの相場の中、下げましたが、今の水準は窓も埋め、底堅さをキープしている。
このあたりから再度反発する可能性もあるのではと見て、カイで面白いと見ております。

 

オービス(7827) 7827 株価と銘柄情報

こちらも、弊社サイト内で1200円から紹介、Yahooでもずっと紹介した銘柄です。
2500円まで上昇したがまだまだ割安。
その後、窓埋めしました。
窓埋めしたところは狙ってみても面白いかもしれないですね。
リスクはありますが面白い銘柄の1つです。

 

システム情報(3677) 3677 株価と銘柄情報

こちらもかなり面白い。
決算提出、そして増配等。
1330円から抜け出すと、チャート的には抵抗がありませんから、どこまでいくかわからないチャートになります。
材料も良いですし、この銘柄の上値追いを目指すのは手段としてアリ、だと思います。
おすすめ銘柄の1つです。

 

鳥貴族(3193) 3193 株価と銘柄情報

去年の秋から、上下しつつ、現在週足で三角持ち合いで、上昇方向になりつつあります。
1月の高値からはBOXですが、一目均衡表では週足では雲上で推移、日足では雲抜けしたところで抵抗が少ない。
中長期で上方向目線で、仕込んでも面白いのではないかなと思います。

 

今週これらに注目してみると面白いかもしれません。
ただし、マザーズ、JQともにここ数日の安値を更新するようですと、再度下降トレンドに入りますから、その場合はロスカット、キャッシュ推奨です。

みなさまのクリックが励みになります。
記事に満足いただけましたら、クリックお願いいたします! → 人気ブログランキング

お手持ちの銘柄、相場観、その他株式投資についてのご相談がありましたら、こちらからお問合せ下さい。他の方にとっても有益なご質問は、記事上で回答させて頂きます。

無料会員登録

無料会員登録
無料会員登録

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読

※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ