【気になる銘柄】プラップジャパン(2449)、SEMITEC(6626) シンプルに分析してみました。

現在気になっている銘柄を、シンプルにチャート分析してみました。

参考になりましたら幸いです。

 

プラップジャパン(2449) 2449 株価と銘柄情報

チャート
s

銘柄考察

営業最高益。自動車関連部品等が好調ですが、車関連はニュース等でもやっているように現在絶好調ですので、今後共期待の持てる内容でしょう。
会社としては、センサー関連を専業としており、カスタムを強みに持つ等、技術力に強みのある会社となっております。

チャートからは、下値を固めたところで、反発に期待。
しかしながら、3月4月は上値の雲が厚く、これを破っていくことができるかが焦点であります。
ここを破ることができなければ、しばらくの間は下値トレンドライン~ロスカットラインの間で推移し、5月あたりに水準が低くなったあたりで動くかもしれない。基本的には、営業好調の企業ですので、このチャートにはのっていませんが、去年の10月につけた今の2000円あたりの水準はキープするのでは、という考えです。

狙うならば、時価~トレンドラインで仕込んでいき、じっくりと見ていくタイプの銘柄でしょう。

 

SEMITEC(6626) 6626 株価と銘柄情報  

SEMITEC チャート
p

 

銘柄考察

こちらも営業が堅調。増配も。
会社としては、コンサルティング事業を中心に、幅広い観点からサービス展開しています。
ネット関連に強い。企業のPR戦略。炎上対策等もしています。

チャートからは、下値トレンドがしっかりしていますし、去年の11月につけた上値の重さがとれたことが、一目均衡表でわかります。
雲を上抜けており、底堅く推移しそうな状況です。

狙うならば時価~下値トレンドライン。
11月の高値2050円から、1000円への調整は十分。
時価有りでの押し目狙いで面白い銘柄だと思います。

 

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ