【相場観】【勉強記事】【セクター情報】本日の相場観とセクター情報 G空間関連銘柄祭り

特筆すべきものはなし。

日経はまちまちです。

ジャクソンホールでのイエレン氏の講演はさしたる影響はありませんでした。

 

マザーズ、個別、の材料株が強い。

位置情報関連銘柄が強い。

なので、この記事では今日の新興の注目の的である、G空間関連、位置空間関連、自動車関連(ITS)を少し話に出します。

 

もともと、日経新聞に 自動運転車を普及させるために法整備を行う、という内容の記事が書かれたところから、すさまじい展開になりました。

普通にいけば、自動運転車に資金が集まりそうなものですが、そこはなかなか株の難しいところで、

 

自動運転車が普及→位置を把握する、G空間関連銘柄がとことん動く

 

という結果になっております。

このへんは、株というものの天邪鬼なところだと思いますが、難しいところであり、面白いところでもあります。

当方では8月初旬からドーン(2303) 2303 株価と銘柄情報 、ビーマップ(4316) 4316 株価と銘柄情報 などG空間関連は紹介していましたが、この流れに乗りきることはできませんでした。

 

さて、今回、ITSが日経新聞に出たのに、何故G空間関連の方がよく動くか、ですが・・・

 

要は時価総額が大きいことが一つあげられます。

今回、技術内容としては2つ争点があげられます。

 

G空間情報は

・GPS(全地球測位システム)

・GIS(地理情報システム)

による、位置情報を獲得する技術。

 

自動運転関連については、高速道路で特に使われるため

・ITS(高度道路交通システム)
が中心の技術となります。

 

ITSは、どちらかというと時価総額が大きい、

クラリオン(6796) 6796 株価と銘柄情報 、ユビキタ(3858) 3858 株価と銘柄情報 、ルネサス(6723) 6723 株価と銘柄情報 、カーナビ各社など、時価総額が大きめの会社関連銘柄になることが多い。

インターアクション(7725) 7725 株価と銘柄情報 などもありますが、そういった時価総額が小さい銘柄は本日STOP高目前、となったりしております。

 

逆にG空間関連は、

アイサンテク(4667) 4667 株価と銘柄情報

ビーマップ(4316) 4316 株価と銘柄情報

ドーン(2303) 2303 株価と銘柄情報

豆蔵HD(3756) 3756 株価と銘柄情報

 

等のように、割と時価総額は小さ目なものが多かったりします。

 

というわけで、良く言われる大化け という銘柄候補はG空間銘柄に多いわけで、今は新興に資金がいっていることから(逆にいえば、閑散相場。外国人投資家は9月になってからでなければあまり動かない)こういった銘柄が動く結果となっている、と考えられます。

 

セクターだけでなく、投資方法にも少し話を入れますと、こうした銘柄をポートフォリオに入れておけば、出遅れ銘柄などを発掘できますので、日経新聞等を読んだり、セクターで注目できるものをポートフォリオにつねに仕込んでおいて、出遅れを狙っていくと投資がどんどんうまくなっていきますので、お勧めです。

 

1つの投資方法として、持っておくといいと思います。

 

本日はITS,G空間に注目しておきましょう。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ