【特集記事】【セクター情報】デング熱 関連銘柄

デング熱関連銘柄

今世間の注目となっているデング熱。デングウイルスが原因の感染症。熱帯病の一つなのですが、日本に感染者が多数出ています。代々木公園付近にいた方に感染者が多数、しかし東京の他の場所でも、蚊にさされた方がデングウイルスに感染しているとのことで、感染が蔓延しそうな状況となっています。エボラのような怖い病原ではないのですが、蚊で媒介する以上、蚊に関する銘柄などが面白い状態となります。

さて、気になるデング熱関連銘柄を紹介します。

本命

 ◇殺虫剤関連

・フマキラー(4998) 4998 株価と銘柄情報

・アース製薬(4985) 4985 株価と銘柄情報

言わずと知れた、殺虫剤関連。

蚊といえばこれらがファーストチョイスでしょう。

対抗

◇忌避剤

・大幸薬品(4574) 4574 株価と銘柄情報

 二酸化塩素ガス溶存液を用いる蚊の忌避剤の特許を取得したと報道があり、大幅上昇。

◇バイオ関連

UMN(4585) 4585 株価と銘柄情報

BEVSによるウイルスへのバイオ医薬品の開発から製造までを一貫して担う体制構築。

医学生物学研究所(4557) 4557 株価と銘柄情報

デングウイルス抗体の開発に成功

◇衣服系

グンゼ(3002) 3002 株価と銘柄情報

 蚊が寄りにくいパジャマの開発に 着手したと報道

 

よく注目されているのはこれらでしょうか。他にも、殺虫剤や蚊の関係銘柄は沢山ありますので、探してもいいと思います。しかし、これらは十分にあげた銘柄ですから、ここから大きく報道があっても、フマキラ(4998) 4998 株価と銘柄情報 等の銘柄は、リスクは高くなるとみます。そういう意味では、あまり上げていない大幸薬品などは、一旦は上げましたが陰線で下げたあと、戻しを試している状態ですし、面白いでしょう。

お手持ちの銘柄、相場観、その他株式投資についてのご相談がありましたら、こちらからお問合せ下さい。他の方にとっても有益なご質問は、記事上で回答させて頂きます。

無料会員登録

無料会員登録
無料会員登録

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ