【セクター情報】自民党 解散総選挙へ向かうか? 選挙関連銘柄を紹介

おはようございます。

自民党が解散総選挙へ向かうのかに注目されていますが、

株式市場ではすでに解散総選挙の方向に向けて株価が動いています。

 

本日の朝の会報で、有料会員様にはデジタルガレージ、プラップ等を紹介しました(あげているので推奨ではないですが)。

 

そこで、選挙に向けての基本な銘柄から、

ちょっとマニアックな銘柄まで紹介したいと思います。

 

正当派

・ムサシ(7521) 7521 株価と銘柄情報 ・・・選挙用の器材等を販売

 ・TOA(6809) 6809 株価と銘柄情報 ・・・放送関連で高シェア

 

対抗

・もしもしHL(4708) 4708 株価と銘柄情報 ・・・電話派遣関連 事前予想などの発進業務

・トランスコス(9715) 9715 株価と銘柄情報 ・・・こちらも、もしもしと同様。

 

新興系

・デジタルガレージ(4819) 4819 株価と銘柄情報 ・・・Twitter関連 現在ではネットを使った選挙も可能に

・プラップ(2449) 2449 株価と銘柄情報 ・・・広報活動を支援

・エイジア(2352)・・・選挙運動用のメール配信システム販売 

・セプテーニ・ホールディングス(4293) 4293 株価と銘柄情報 ・・・候補者へのFACEBOOK、HP等の作成を手掛ける。

・サイバーエージェント(4751) 4751 株価と銘柄情報 ・・・選挙関連事業

 

変化球

パイプドピッツ(3831) 3831 株価と銘柄情報 ・・・毎度、選挙の時には注目されるが、どちらかというとAKB48の選挙で意識される銘柄。

それの変化球として、政党での選挙でも反応する、変わった銘柄。

 

上げている銘柄が多いですが、12月に解散総選挙となるならば、11月に発表となるでしょうし、それまでに押し目があれば積極的に狙っていっても面白い銘柄が多いと思います。

ポートフォリオに入れて、押し目狙ってみるといいでしょう。

 

 

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ