【本日の紹介銘柄値動き総括】本日の紹介銘柄値動き総括 2015年2月5日引け

本日の相場もお疲れ様でした。

 

各大型決算も架橋に入ってきております。

トヨタは最高益となるなど、堅調。

こうした大会社が牽引して、景気回復に繋いでいくといいと思います。

パナソニック等、こういった会社も堅調。

数年前、厳しい状況に見舞われていましたが、そういった会社も舵取りを上がきちんとすれば、結果はついていくということか。

舵取りを誤ってしまうと、シャープのように厳しいことになってしまうということでもあります。

 

会社というものは大きな流れですが、こちらの配信としてもいい方向に持って行きたいところ。

しかしながら、相場というものはあまのじゃくでなかなか難しい展開。

良い物も悪いものも出てきているという環境です。

 

それでは本日の統括です。

 

・トレイダーズホールディングス(8704) 8704 株価と銘柄情報

実は、有料会員様向けには、回転中です。

一昨日利確をしたあと、一昨日の135円で再度仕込んでも面白いということで紹介し、本日160円があるなど、回転中です。

うまくやっていれば、110円→150円以上 135円→150円以上 と2回転できている計算となります。

これぞスイングトレードの醍醐味といえるでしょう。

 

・ストライダーズ(9816) 9816 株価と銘柄情報

本日急伸、テックファーム(3625) 3625 株価と銘柄情報 やコモンウェルス・エンターテインメント(7612) 7612 株価と銘柄情報 なども上昇しています。

チャートとしてはいい展開だと思います。再度の100円方向の展開となるか。

 

・6○○○ 決算後の電気・コンピュータ関連ハード銘柄

厳しい。この銘柄は決算はとても良好でありますが、しかしながら良好すぎて期待されすぎた決算で、普通決算が出てしまうと、厳しい結果となる見本というような動きに。

押し目は拾いに行きたい銘柄ですが、明日の動きで決めていきます。

 

・クラウドワークス(3900) 3900 株価と銘柄情報

有料会員様向けには1300円で紹介、1600円、1900円などで2回と利確しましたが、1500円ほどで再度の紹介をし、残念ながら本日撤退としました。記事にも書いていますがIPOが来週から始まることもあり、一旦IPOは撤退のほうが良いと見ておりました。しかし、今回は厳しかったが1300円→1900円まで持っていった経緯がありますから、十分プラスだと思います。

昨日、同じく少しのマイナスで昨日撤退したのがU-NEXT。

こちらはチャートの悪さと、同じくIPOに資金が向かないであろう(逆に売られるであろう)予測のもと昨日逃げましたが、本日急落。

なんとかスイングトレードのもと、大きな損害を受ける前に撤退ができた例です。

 

このようにきちんと撤退するときは撤退して、大きな痛手を被らないようにしていくのも、また当サイトの強みの一つとなります。

塩漬けは基本、NGと考えております。

 

・本日紹介の化学・半導体関連の亜種銘柄 材料製ありの4○○○

かなり期待度を持っております。

決算はとても好調ですが、そのあとイッテコイとなっており、そろそろ調整もいいところで、窓埋めがもう少しといったところ。

本日堅調。

時価~押し目狙いとして紹介しております。

 

・モバイル関連 9○○○

ワイヤレスゲートの悪材料からこちらにも若干波及した雰囲気がありますが、マザーズ自体が10下げ、と悪いですので、このようなものかという印象もあります。ここで反発すれば、逆三尊型の反発するには良好なチャートの為、ここで反発するかどうかは大事なところとなります。

 

・無料会員になると特典としてついてくる8○○○ 不動産関連銘柄

こちらは非常に良い動き。

本日のマイナスの日経平均の動きにも動じず、売りはどんどん吸収、5%上昇で引けました。

決算前期待もあり、材料生もある。すでに経常利益の進捗率は、3Qで100%を超えているなど絶好調。

東京の不動産は、絶好調であり不動産の営業マンも非常に強気でいるとのこと。

まだまだ押したところで、仕込どころではないかと思います。

有料会員様には時間がかかっていますが、まだまだこれからの銘柄として、中長期で、今後も期待できると見ております。

 

 

それでは、本日の総括でした。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ