【投資方法について】利確をしていますか?

当サイトで推奨しているのは、スイングトレードです。

当サイトで推奨するスイングトレードは、持ち続けるのではなく、買ったあと、あげれば利確、ロスカット値はきちんと決めておいてロスカットも数値できちんとすることを推奨とするトレード方法です。

 

ここのところ、有料版の方へは、いい情報の紹介ができていおります。

配信の中で、昨日、今日はストライダーズ(9816) 9816 株価と銘柄情報 をきちんと利確する・・・など紹介しております。

 

逆に、材料等であげた銘柄等も、ある方法でうえで利確しつつ、押してきた銘柄を新たに買いを入れてみる等、スイングらしいやり方を行っております。

以前に紹介した、オンキヨー(6628) 6628 株価と銘柄情報 やジー・テイスト(2694) 2694 株価と銘柄情報 なども、数回にわたって紹介、ウネリを見ながら、下値、上値を何度も売買することを推奨しております。

 

持ち続けて勝つ、ファンダメンタル方法もありますが、この方法では、久しい記憶のリーマンショックなどに対応ができません。

(材料期待で、数か月単位でファンダメンタル推奨したりすることもありますが・・・材料が2度出て、上げている 有料版での推奨銘柄、第一屋製パン(2215) 2215 株価と銘柄情報 等)

 

スイングトレードのよさは、機動力の良さ。

悪い材料が出るとき、あるいは出たとき、出る予想があるとき、に全てキャッシュにすることもあります。

 

皆様、利確をしていますか?

良く言われる例ですが、ある程度あげたのに、まだ上げる、と利確をせずそのままにされて、結局買値に戻ってしまったという例があります。

これは、スイングでやると考えている、もしくは利益が出たら利益を確定しょうと思っているにも関わらず、どこで売ったらよいのかわからないために、持ち続けてしまい、結果的に悪い方向に行ってしまうのが要因です。

 

1つ申し上げますと、株がどこまで上がり続けるのかというのは、正直な話、そこに介入している大手企業やファンド等がどこまでもっていこうとしているかで決まります。

しかし、ファンドが入っていたとしても突発的な材料が入るとさらに買いが入ったりするため、予想もつかない高値になったりします。

 

ということは、株式投資において、売り値というのは特に予想しにくいものであるということです。

(上がる株を推奨するよりも、売り時を推奨する方が難しい)

 

そして、こういうことは、株式投資顧問ではなかなか教えてくれないことだと思いますが、当サイトではそういった情報も皆様の利益につながると思い、紹介させていただいております。

 

そこでどうするのか。

どうしたら利益を出せるのかを考えていく必要があるのですが・・・

 

システマチックな方法、チャートを読む方法、などを組み合わせてテクニカル的な、確率論で攻めるのが利確には一番良いと当サイトでは考えています。

ちなみに買いは、システマチック、チャートを読む方法に、さらに銘柄の優良性、セクターの優良性が加わります。買いと売りのタイミングの選出は違っています。

 

銘柄の買い時、売り時に悩んでいる方がいらっしゃいましたら、是非2週間無料の当サイトをお試し下さいませ。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ