【相場観】流れに乗るということ

アゲアゲ相場で簡単かというとそうではない。

難解な相場です。

 

個別はあまり上げませんが、ようやく資金が入るようになりました。

 

アメリカの指標は、

良くても利上げが早まるかもという懸念で下げ、

悪くても下げる。

つまりは、今は下げたい、調整したい場面であるということでしょう。

もちろん大きなサプライズがあれば別ですが、今は海外市場からすると調整ということでしょう。

 

当サイトの紹介銘柄は個別が多いので、それほど影響は受けていませんが車関連も1個紹介していたのでそちらは影響有り。

しかしながら、今強いセクターや、出遅れ銘柄を発掘するのを信条としている当サイトですので、そういったものを狙い撃ちしていくのでですが、

さきほどシリコンスタジオを有料会員様へ紹介し、早速8%の上昇(10300円~500円での紹介、現在11300円)となっております。

 

これは、ゲーム関連としては調整していた銘柄で、業績がよく、人気度が高いIPOで、安くなったところで、心理的にもキリのいい数値であったこと。

などから複合的に考えました。

 

全体相場は弱いが、個別、特にゲーム関連が強いので、このセクターは出遅れ、好業績銘柄は他にも色々ありますからシリコンスタジオ含め、狙い目かもしれませんので探してみると面白いでしょう。

 

造語ですが、セクター自体に乗るのを、資金の流れに乗る、といいます。

銘柄単体でなく、セクター自体に乗る、その中で出遅れ、良い銘柄を探すという方向性を意識すると、投資家として1つも2つも向上できるでしょう。

 

 

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ