【相場観】【銘柄レビュー】相場の考え方。まずは、じっくりいきましょう。

投資方法がすでに確立されている方は気にしないでいいと思いますが、まだ投資方法に悩みがある方はお読みいただけると幸いです。

 

 

まずは、じっくりいくことを考えましょう。

じっくりやりつつ、取れる時に短期を取っていく。

このスタイルが安定的だと思います。

 

短期で稼ぎたいという気持ちは尊重します。

しかしながら、短期でやればやるほど、稼ぎたいという気持ちがはやるほど、失敗することが多いのがこの世界です。

相場は、全て人間が行っていることの結果ではあるのですが、しかしながら人間が行っていることとはいえ、相場は魑魅魍魎のようなものだと考えています。あまのじゃくです。

もうウリかなと思って利確すると、どんどん買われたりしますし、逆張りでもうカイだろうと思うと、今度は下値ブレイクしたりします。

相場は、天才でもなければ、基本的に個人投資家は負けるようにできていて、そのお金を大口や外国人が全て持って行ってしまっているという事実を忘れないようにしましょう。

 

いくら相場に慣れていても、100%勝つなどありえません。

1番目の目標は、適当にやって50%のものを、70%、80%と確率をあげることが目標です(銘柄選択)

あげる確率をあげた上で、どのように投資をするか、これの向上が2番めの目標です。

そのスタイルについては、当サイトでは有料会員様向けに、例として積極派、慎重派、中間派、向けとしていくつか提示させて頂いております。

(あくまで1つのやり方という視点です。やり方はそれぞれです)

 

たとえば、このまえ初値でモバイルファクトリー(3912) 3912 株価と銘柄情報 を紹介しました。

2812円での寄り付きでしたが、さすがの人気で3250円ともう少しストップ高になり・・・しかしその後、利益確定、もしかするとロックアップ解除の売りもあったかもしれませんが、とにかく、2300円まで売られたわけです。

有料会員様には、なんとかこの動きの中で利益を確定できるようなご案内をしております。非常に難しい動きではありましたが、上げた後、堅くやるための方策を取っておりました。

 

当サイトでは基本的に塩漬けというスタイルは持ちません。ロスカットをきちんとします。ロスカットができないのは、きちんと分析してロスカット値を決めておかないことが要因です。

もう少しで上げるだろう・・・という無用な根拠は必要なく、そこはドライに、チャートなどを見て、下値指示をブレイクしたら割り切って、次へというスタンスをきちんと取ることが大事です。

 

色々書きましたが、当サイトでは銘柄だけを紹介するのではなく、こういった投資方法がある、という一つの例として、投資にお悩みの方は是非当サービスをご検討頂ければと申します。

興味がある方は、2週間無料で有料情報をご覧いただけますので、お試し会員をお試しくださいませ。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ