【相場観】【本日の戦略】おはようございます。

 

昨日は厳しい売りとなりました。

強かったのはインフォテリアぐらいで、ほかの銘柄は悪い結果に。

 

先月末~今月中旬まで、下落相場ながらテーマ銘柄でしっかり利益を出せていたと思いますので、そう考えると少し強気でいすぎたのかもしれません。もう少し早めに撤退するべきだったかと思います。

 

しかしながら、相場が戻ればテーマに資金が入るであろうというのは変わらない見解です。

昨夜の相場は、ECB追加緩和の可能性が高まったことにより、欧州株が上昇、それに伴い円安傾向へ。また当然ながらダウも上昇、さらに石油価格も安定、29.86バレルまで急な戻しがはいりました。

 

言えばセリクラ的な状態になっているようにも見え、日経平均も16000円どころは保ちにいくのではないでしょうか。

日本側も、追加緩和の準備はいつでもある、という声明ではありますし、やるときはやるでしょうし、消費税UPまでは使命的なものもあるでしょうから、今年、来年頭は強くなければならない、というわけです。

日本の動きだけでどうにかなるものでもないですが、国の政策としては経済対策は今後も期待されますでしょう。

 

日経平均が保たれれば自然とテーマ銘柄にも資金がいきますから、ここは我慢です。

 

去年の年末~年始、今年は厳しい相場になるのではと紹介していましたが、その通りになってしまいました。

しかし、年初からここまで一直線の下落というのは想定外であり、

厳しい相場になるのではと予想している投資家はそれなりにいたとしても、さすがにこれを予想していた投資家というのは数少ないでしょう。

 

株は怖いところが買いといいますが、さすがに怖いところは通り越したのではないか、と思え、本日の昼、夜、の相場は重要視されそうです。後場から厳しい相場になることがここの所多いですが、本日の相場は乗り切ってくれることを期待したいと思います。

 

銘柄などは特に編成を変えるということはありません。

厳しいところですが、全体相場のことを考えると、ここは踏ん張り、継続でいきます。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ