【最近の実績】相場観からの、下落予想が的中。下げ相場になりつつあります、ご注意を。

前場、お疲れ様です。

 

当サイトでは、先週の末から、マザーズの下落を予想。

その対策も色々と取ってきたのですが(新興銘柄を減らしておく、指数銘柄で勝負!など)、

予想通りのマザーズ、そして本日日経平均の下落となってきました。

 

会員様にはすでに各種類の対策をご案内していますし、その通りに対処頂いた方はおそらく利益が乗っていることと思いますが、

やはり大事なことは、相場の流れをきちんと読むこと、だと思います。

 

もちろん、相場に反する動きをする個別銘柄もありますが、相場が下げるときに上げるのは材料がでていて、提灯がついたりしている銘柄が中心。

そういったものも当サービスで狙うこともありますが、基本的には勝率が低くなりがちですので、相場に合わせた展開を行っていくのが大事だと思っています。

 

予想通りの下落展開となっており、ここから相場は全体的に、海外も含めて厳しくなるかもしれません。

 

ダウは日足でも包陰線、日経平均も窓をあけて下落、日経平均先物のチャートは包陰線、週足でみてもダウは下落風味のチャートになっています。

 

ここから、憂慮すべき状態になっていくかもしれません。

まず直近では、日経平均19500円方向は覚悟が必要ですし、アメリカが弱くなってくると18000円台、場合によっては17000円台も可能性があります。

 

当方としては、リスクを抑えつつ、仮想通貨関連、個別銘柄、材料銘柄を駆使しつつ、

相場を読みながら、指数・先物などで勝負していきたいと思っております(先物や指数はすでに利がでています)

 

なかなか難しい環境であり、今後さらに難しくなるかもしれません。

株式投資にお悩みの方は、1ヶ月無料ですので、是非一度ご利用くださいませ。

※ こちらであげている銘柄は一部です。過去に紹介した銘柄は、コチラで公開しています。

無料メールマガジンの購読

無料メールマガジンの購読
登録 解除
*メールアドレス
※当社の助言に基づいて、お客様が投資を行った成果は、すべてお客様に帰属します。当社の助言は、お客様を拘束するものではなく、有価証券等の売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、当社はこれを賠償する責任は負いません。
※『投資リスクについて』に記載された内容を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

このページの先頭へ