「グレートローテーション」の検索結果一覧

グレートローテーション」に関する無料公開記事のみ表示しています。
有料会員になると、全ての記事をご覧頂くことが出来ます。こちらからご登録下さい。
無料会員登録がまだの方は、下のボタンより登録ください。
無料会員登録

【相場観】少々厳しいことですが書くべきこと。米国株は、トランプショックで暴落の予兆あり。そして諸外国に飛び火する可能性も

米株式ですが、天井を迎えたかもしれません。

米NYダウは、ここまで、機関投資家や金融緩和によるマネーで買われるという展開で、買われ続けてきました。
ダウが15000ドルの時も、18000ドルの時も天井圏の価格でもあったにも係らず買われ続けるという状況。
現在、米ダウのPERは約30倍に上昇している状況です。

日本のPERは14倍程度です。米ダウは2倍以上の株価収益率(PER)の水準です。
日本株は、昨日18日の終値で、PER14.0倍です。

歴史的な株価天井株価。
理由は、値頃感、日柄、人気の3要素が盛り上がった時に付けます。

しかし、今の水準に値頃感があるかというとそんなことはなく高い。
現在セルインメイの5月で今後数ヶ月売り目線になる予想、
トランプ氏の人気が凋落しつつある、ということになりそうです。

ここ数か月、トランプ氏の人気で、トランプノミクス相場などと人気が全面に繰り広げられたので、その後人気が凋落するときついことになりそうです。

2007年のリーマンショック以来、米国の金融緩和・量的緩和や、日本や中国の米国債購入で、どんどん借金を増やしながら、
企業の業績をアメリカは伸ばし続けて来ました。
そして、企業業績が伴ったことで、おととしの12月にゼロ金利を解除。
FRB議長は歴史的な米利上げを断行。

普通は米の利上げは金融引き締め策であります。
日米共に下落のチャート波動に入ると予想されました。
しかし、昨年のトランプ氏の金融緩和バブルを膨らませる政策が期待されたことで、世界の株価は、グレートローテーションが起こっていました。
※グレートローテーションとは、債権から株式などへのリスク商品への資金シフト
実際、弊社の方でもグレートローテーションが起こることで、ダウ2万以上、日経平均2万以上・・・というような考えをもっていました。

しかし、トランプ氏の政策の結果は、実際には伴わないと予想してどこかで暴落はあると予想しつつも考えていましたが、
大統領としては、やってはいけない事をやってしまったことが問題になっています。

要はロシアとの癒着と、FRB長官の解雇がそのやってはいけないこと、になります。
そういった内容は、今までの大統領にもあった!と主張しており、実際に癒着かは不明ですがいろいろなことがあったのは確かです。
しかし、実際には、駆け引きを行う事で、表沙汰にならないようにしつつ交渉していた、ということ。

しかし、トランプ氏は負けを認めない性格をしていますので、やってはいけない事をやってしまった事で、
まず国民の支持率が約30%まで低下。政権運営がハッキリ言うと困難で実行不可能になったと思われます。
http://jp.wsj.com/articles/SB12389501321203413476904583153843066173744

このまま続けたとして、今までのような人気の復活は難しいかもしれないですし、
辞任となれば副大統領がいて、金融緩和政策や税対策をすると楽観的に見たとしても、カリスマ性がないですから、トランプ氏のような人気が出ないと思われます。

ここまでが出来事で、実際に株価の影響ですが、
今後、高確率で米ダウは天井を付けたと解釈すると、かなり危険な予測が立ちます。

過去の天井圏からの下落率は30%~50%という統計があります。
天井が21000ドルぐらいですから、30%下落なら15000ドル。
50%下落なら10000ドルという事になります。
※株価は一度、極限まで行くという格言通り、最近の株価水準は異常であったのは確かです。

例えば、リーマンショック時は14200ドル→6469ドル(約54%)
ITバブル崩壊時は11500ドル→7200ドル(約30%)

現在の株価水準を表すシラーPERという評価法では、1930年の世界恐慌後のブラックサーズデーと同じ水準のPER約30倍。
1987年のブラックマンデーよりもかなり割高水準にあります。

もう一つのバブル期はITバブルですが、IT革命による期待が大きすぎて史上最高のPER44倍まで買われて、その後15倍まで、約8割下落しています。
ブラックサーズデー後も約8割下落。

今回のショックは、トランプ氏辞任によるショックで終わるとは思えません。
トランプ氏辞任ショックだけであれば、就任から上昇した17000ドルあたりまでとなりますが、
今回は、米利上げによる金融引き締めがあり、米株が大きく下げると、新興国が破たんしたり、ユーロ危機などが再燃してくるでしょう。

特に、韓国やユーロ圏については現状でも危険信号が常についているので、韓国は何度目かの破たん→デノミ・通貨切り下げは必須、ユーロは英国がEUから脱退する理由も理解できる状況。
さらなる大恐慌を引き落とすと言われているドイツ銀行・フランス銀行問題や、経済力の弱いイタリア辺りが危ないかもしれません。

こうなって来ると、いつもの負の連鎖は止まらなくなる可能性もあり、
ユーロショックが起こると、ユーロ圏と米国と取引の多い中国も負債を抱えているため、元安は避けられない。
円は安全通貨と言って円高になりますが、株安・デフレスパイラルと経済的にも一時的に酷い状況になる可能性があります。

このあたりで終息すれば良いのですが、もっと怖いのは、世界中の債権に火が付きだすと手が付けられなくなります。
これ以上は、難しくなることもありますし今日明日の話でもないので、徐々に書いて行きます。
今後、数年は、債権の動きを見ておくほうがよいでしょう。

※政策運営困難、あるいは大統領をやめさせるような動き(日本の政権でも、よく起こっていますね)となれば、株式などの緩和バブル期待のトランプ政策は最初から、となる。
この問題だけで、トランプ相場のスタート地点の日経平均17000円前後までの短期急落は十分にあり、更には史上最高値の米ダウに関しても15000~18000ドルの抵抗ラインまでの急落は覚悟しておいた方が良いでしょう。

これに、諸外国の問題が続くと、リーマンショック以上のショック状態になる可能性もあり、今後数ヶ月は憂慮していかなければならない、そういった視点を持っておくべきだと思います。

【相場観】相場観2 日経平均考察と、ブロックチェーン(ビットコイン関連)に注目集まる可能性。

おはようございます。

 

チャートは75日移動平均線(MA)の上より買いのチャート。
上値はボックス上限19668円の年初来高値。バッファをみて、19800円を超えてくるようであれば、20000万円超えから、
大きな上昇(本格的なグレートローテーションが起こり目標株価23000円を目指す)可能性もあるので注意深くみておきたいタイミングです。

今週は、大型株の決算が本格化してソフトバンク、トヨタなどの大型株の決算動向によっては、日経の更なる上も考えられる所ですが、
現在の日経平均は、為替とほぼ連動と言ってよいので、現在108円~113のボックス相場の上限に達している円安を突破する要因があれば、上昇の可能性も有ります。

しかし、トランプ氏の大統領就任後100日のハネムーン期間が終了し、Sell in May の由来と言われている米国民の還付金が1月~5月で終わる。

投資や浪費が減ったり、ヘッジファンドの解約が多い為の手じまい売りなどもあるかもしれませんが、どちらに動くかは投資マインド次第と言われているので、売られやすい月だから売っておこうか!という人が増えれば当たり前ですが下がります。

GW明けから年初来高値を更新して終わってくれば、本格的なグレートローテーションの開始と言えるでしょう。

ポイントは、トランプ氏の具体的な政策がどれだけ法案に通るか?実行に移して行けるか?が目先のポイントになるでしょう。

結果はどうあれ、金融緩和バブルの限界から、更にバブルを創り出す政策はかなりの危険を伴う為、米国債金利が上昇し、インフレ懸念の為、米利上げを継続してくれるおかげで、ドル高=円安の構図にはなります。

現在の世界マクロ経済情勢での米利上げを断行して行く事は、ユーロ圏や中国圏を始めとする新興国や、資金繰りの危うい国のデフォルトを産む可能性を秘めているのが最大のリスクです。

 

さて、こういう場合に買われるのは、今までは金や商品先物などの商品でしたが、今は通貨価値が下がる前に金に変えるのではなく、仮想通貨に変える(ビットコインなど現在約4000種類の世界統一通貨がある)という手段で、世界中の資金はブロックチェーンという革命的な技術で通貨の役だけでもなく、決済はもちろん、売買による取引契約、IPOに代わるICOというコイン上場が流行ってきており、対象は世界中の投資家になる事から、IPOよりも資金調達率が2.3倍というデータもあります。

よって、今年はビットコインを始めとする各種コインの青天井モード入りから、再度フィンテックやブロックチェーン関連の相場がある可能性があるとみて、特にフィンテックは買い目線も含め、全銘柄を監視して行きたいと考えています。

面白い、ビットコイン関連銘柄などあれば積極的に出すかもしれません。

ただ、寄りから高く天井つける可能性も考えて、状況を見つつの対応になりそうです。

無理はしません、が乗る必要があるときには波に乗りにいきます。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

【相場観】今週の相場~来週の相場に向けての考察 4月相場のおさらい含め、今週末の展開予想

今週の相場もお疲れ様でした。

4月の相場は難しいの一言です。

ここで、3月後半~現在までを、少しおさらいしていきたいと思います。

 

まず、3月後半については強い相場が続いていました。
トランプ氏の年末からの政策、アメリカの指標の強さ等から、売る理由もなく、またトランプ氏の政策期待もあり、継続的な強さが継続。

グレートローテーションの考え方から、ダウは20000ドルを突破、日経平均もいずれは20000円、という話も出ていました。

 

グレートローテーションの考え方を基本に上昇が続くと予想はしていましたが、3月末に関しては疑惑も入れつつの予想を出していました。実際に、3月末には下落方向となりました。

注意喚起を申し上げる配信をしております。

https://fidelia.unifas.co.jp/market-view/15147/

 

そして、4月初旬は下落。

 

4月15日にかけてはアメリカvs北朝鮮の戦争または核実験も!?という懸念が広がっての下落がありました。

15日の懸念を超えると、今度は反転の動き。
今月一番の懸念点であった北朝鮮問題が後退し、反転しました。

【相場観】地政学的リスク銘柄、大幅下落。全体相場も弱い。視点は15日の北朝鮮へ。

【相場観】本日の相場観

こちらでそれを示唆しているコラムを書いています。
特に、本日の相場観については、要約すれば、押し目は買いだという話です。

 

さて、ここでご質問ですが、
14日に、押し目を買いにいきたいとする投資家、あるいはアナリストがどれだけいましたでしょうか?
14日は、15日、16日の地政学的リスクを懸念し、大きく下落した一日でした。

 

基本的に様子見で・・・というのが通常の策で、誤りではないと思います。
しかし、私としては、15日、16日に実際に戦争に発展、あるいはアメリカがレッドゾーンとする核実験や長距離ミサイルを打つか、その確率を考え可能性は低いだろうとし、しっかり押した場面は買い、と紹介しました。

結果としては、北朝鮮はミサイルは打ったものの失敗、内容は、中距離ミサイルであろうということで、アメリカとしては保留、北朝鮮も何もしないのではなく威厳はしめした、という形になりました。

 

実際に当方の戦略としては、3月の銘柄多めの状況から、4月の頭にオールキャッシュポジションに転向し、その後個別銘柄(オービスやメドレックス等材料株)へ資金枠を移動投入、さらに14日には、すでに推奨終了したのですがJIS(7172) 7172 株価と銘柄情報 などの、割安大型系株へ転向し、まさに波にのるようなイメージで動いております。

 

難しい相場ではありましたが、個別はオービス、メドレックス、その他もろもろ動きましたし、悪いものは掴まず、いい紹介が出来ていると思います。

 

さて、気になる来週の相場ですが、いろいろなアナリストの意見を見ていると、上と予想する方もいれば、下と予想する方もいます。また、現在日経平均が18620円なので、18100~19100円あたりが予想レンジとしている方もいますが、そもそも上下両方に予想レンジを張っても投資家の役には立ちません。
上下両方にレンジを張っても、予想にならないため、せめて、上か下だけでも予想したほうが役に立ちます。

 

当方としては、地政学的リスクを乗り越え、フランス大統領選挙第一回投票と、トランプ氏税制問題、このあたりをクリアしてきた相場は、基本的には上路線ではないか?と見ていきます。つまりリバウンド継続、しかしながら戻り売りを仕掛けられる可能性は高い。

とみて、基本的には上昇路線、しかしながら売りが出るタイミングには注意をしながらの対処、ということになるとみております。

 

考え方としては、大型株に資金が入る可能性が高いことを考えます。

個別銘柄に関しては、先週末にマザーズなど新興が売られました。これをどう読むか、に焦点が移りますが、新興のチャート自体は壊れてはいない。しかしながら軽視もできない、ということで新興については月曜日の相場を見てからの判断、というのが望ましい。月曜日の新興相場が全体的に強ければ、底入れからの反転相場継続と考えていきたい。

 

すでに、会員様にはその戦略の元、銘柄を調整したりキャッシュポジションを調整したうえで週初に望んでいる状態。

来週の動きはまだ読みづらく、材料もそろっていないので、基本は上昇方向、戻り売り懸念。

 

ですが、押しがある可能性も視野に入れての基本上方向、しかし両天秤をかけての相場観として見ておきたいと思います。

 

新しく情報や考えなど出ましたら紹介いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

【無料推奨銘柄】任天堂(7974)円安~グレートローテーション現象恩恵銘柄 ポケモンGOの収益力は変わってない!

銘柄

任天堂(7974) 7974 株価と銘柄情報 に注目します。

Yahooファイナンスでは3月1日~末までの月間注目銘柄の1つです。

チャート状況

任天堂(株)【7974】の株価チャート

現在反発しつつある状況。

円安、ダウ強、日経平均強、など外部環境は整っている中、時価~押し目は再度ねらい目となるでしょう。

12月の下落局面での窓埋めに期待。

ファンダメンタル分析

時価総額 33,498 億円
予想PER37.22 [49.26]
実績PBR2.45
予想配当利回1.61% [0.89%]

銘柄性、材料

ポケモンGO相場から忘れかけられてる任天堂。ポケモンGOをやってる人やニュースは見なくなりましたが、
それは、日本だけの現象で、売上は全く落ちていない事を知ってますか?

リアルタイムな売上公表サイトではパズドラ/モンストの約8倍の売上キープしています。更には、世界一だったクラッシュオプクランの売上4倍を常にキープしています。(下に、サイトリンク有り)

この収益のだいたい30%は任天堂の収益(※間接収益)となりますが、アプリの売上高の10%は直利益として経常利益に計上されている。(今期も約150億円上乗せ)

しかし、それよりも、任天堂の海外売上比率に注目したい。

海外比率73%のこの大規模の会社が、ここ数ヶ月の円安での収益メリットは非常に大きく、1月30日の四季報では、一株利益が424円→635円に約1.5倍に上方修正されている。

また、ARのポケモンGOを始め、VR搭載の「スイッチ」の発売が期待される中、株価はポケモンGOの人気薄化で安くなっているが下値では拾われているので、押し目買い推奨です。

スマホアプリ@リアルタイム課金

http://appinstitute.com/pokemongo-realtime-stats/

※2月末は、パズドラ・モンストの8倍前後、世界的記録づくめのアプリのクラッシュオブクランの約4倍の課金はキープしてます。

ポケモンGOによる7974任天堂の収益モデルと株価予想

<アプリ収益>

ゲーム課金からの収益、アップルgoogleに決済手数料30%引かれる。

ナイアンテック30%×26%(出資比率:26%)=7.8%→任天堂(出資会社の含み資産)

ポケモン30%×32%(32%株主)=9.6%→任天堂(子会社の含み資産)

ポケモンがナイアンテックの26%株主なので、30%×26%×32%=約2.5%→任天堂(子会社の含み資産)

任天堂直取り10%→業績に反映される任天堂の利益となる。

で、アプリ売上の約29.9%(ほぼ3割)は任天堂の収益になる。

ポケモンGOが樹立した世界記録5つ♪

【ポケモンGOがゲットした5つの世界記録】

1.リリースから最初の1ヶ月で最も稼いだモバイルゲーム
2.リリースから最初の1ヶ月で最もダウンロードされたモバイルゲーム
3.リリースから最初の1ヶ月で世界中のダウンロード1位に最も輝いたモバイルゲーム
4.リリースから最初の1ヶ月で世界中の売上1位に最も輝いたモバイルゲーム
5.全モバイルゲームのなかで1億ドルの売上を最も早く稼いだゲーム

http://www.guinnessworldrecords.com/news/2016/8/pokemon-go-catches-five-world-records-439327

その他注目銘柄について

他にも注目している銘柄が多数ございます。よろしければこちらをご覧くださいませ↓

【推奨銘柄】3月13日以降のスイング~中期推奨銘柄 今後も期待できる銘柄をご紹介☆

【無料推奨銘柄】ネット証券No.1のSBIホールディングス(8473)に注目。株主優待増強を材料に

銘柄

SBIホールディングス(8473) 8473 株価と銘柄情報 に注目したいと思います。

銘柄の材料

個人証券断トツNo.1の同社の預かり資産はネット証券初の10兆円突破とデファクト・スタンダードをキープしている。

更に、北尾社長のこれからの上場企業は株主優待が重要とのキーワードで、優待制度を増強。

100株の株主に対して11744円相当のサプリメントプレゼント(優待利回り=7.18%)+配当(45円=利回り2.75%)で約10%の配当+株主優待利回りを実現。

チャートも三角持ち合い離れの強い買いサインに加えて、グレートローテーション関連としては投資先の株価が上がれば含み資産増となる為、従来の親会社であったソフトバンク(9984) 9984 株価と銘柄情報 と同様投資会社としての利益メリットは大きい。

そこに加えて、相場が大きく上がると証券手数料増から証券会社の株価は上がりやすく、一番の強みは銀行並の預かり資産や、顧客データベースを使ったフィンテック事業の将来性は他社より断トツで強みがあると予想。

その観点で見ても、PER10倍前後、PBR0.91倍、優待+配当利回り10%超は激安と見れるので買い推奨としたいと思います。

チャート

SBIホールディングス(株)【8473】の株価チャート

チャート形からは、右肩上がりの上昇トレンド。

材料が良いですから、このまま右肩上がりになる可能性も。

押し目があれば、割安感からねらい目だと思います。時価~押し目狙い。

 

ファンダメンタル

時価総額 3,672 億円
予想PER10.80 [9.79]
実績PBR0.91
予想配当利回2.75% [2.75%]

優待内容

■優待内容の詳細(優待利回り:7%超)

100株以上 11,744円相当の自社子会社商品(サプリメント)引換券1枚

※1年以上継続保有(株主名簿に連続3回以上記載)の場合、1,000株以上の株主には49,988円相当の自社子会社商品(サプリメント・化粧品)引換券1枚

その他注目銘柄について

他にも注目している銘柄が多数ございます。よろしければこちらをご覧くださいませ↓

【推奨銘柄】3月13日以降のスイング~中期推奨銘柄 今後も期待できる銘柄をご紹介☆

【無料推奨銘柄】トヨタ(7203)に注目しています。中期~長期的な視点から

銘柄 トヨタ(7203) 7203 株価と銘柄情報

今月~じっくり注目の銘柄、トヨタ(7203) 7203 株価と銘柄情報

当サイトで考えている グレートローテーションの一角の銘柄です。

チャートの見立て

トヨタ自動車(株)【7203】の株価チャート

75日移動平均線を回復できれば再度、上昇トレンドに突入するチャートとなっています(上のチャートでいう赤い線)また、25日平均線(緑)が支えになるため、じっくりと推移していくのではないか?と予想。

グレートローテーションの件が絡み全体的に堅調であると見る。

またアメリカの雇用統計から、景気は現在も回復傾向にあり、利上げが行われる可能性も高まるため、円安方向、こうした銘柄は堅調に進むのではないかと今後も予想です。

 

材料

トランプ発言に過敏に反応していた自動車関連銘柄ですが、週末に掛けて行われた日米首脳会合で円安誘導のバッシングもなし、自動車の関税に関しても名言せずに、自由貿易を唱えた事で、目先は売られすぎ自動車関連株のリバウンド買いが入りそうです。

その中でも、名指しで呼ばれていたトヨタなどは売られすぎ水準まで売られており、週末は、26週移動平均線(MA)割れまで売られてましたが、金曜日の上昇で、週足では大きな下ヒゲ十字線形成で底入れサイン。

今週の日経平均は、日米首脳会合を通り過ぎた安堵感から買われる展開予想から売られすぎた自動車関連銘柄の買いが入ると予想して買い推奨継続です。

ファンダメンタル

時価総額 213,369 億円
予想PER12.55 [12.19]
実績PBR1.17
予想配当利回3.10% [3.10%]

 

その他注目銘柄について

他にも注目している銘柄が多数ございます。よろしければこちらをご覧くださいませ↓

【推奨銘柄】3月13日以降のスイング~中期推奨銘柄 今後も期待できる銘柄をご紹介☆

このページの先頭へ