「トランプ」の検索結果一覧

トランプ」に関する無料公開記事のみ表示しています。
有料会員になると、全ての記事をご覧頂くことが出来ます。こちらからご登録下さい。
無料会員登録がまだの方は、下のボタンより登録ください。
無料会員登録

【推奨銘柄】【新規推奨】【中・長期銘柄】防衛関連の出遅れ銘柄に注目したい

前場お疲れ様です。

推奨銘柄として防衛関連銘柄の出遅れ銘柄に注目してみます。

銘柄

重松製(7980) 7980 株価と銘柄情報

現在800円

見解

産業用防毒マスクのシェア高く官公庁向け実績あり。

米国3Mと提携。

防毒マスクをOEM供給しております。

石川製(6208) 6208 株価と銘柄情報 など、防衛関連が新高値をつけているものもあり、トランプ氏の北朝鮮への発言など、戦争モードになっていることなどから、防衛関連はさらに注目されています。

その中でも出遅れの同社に買い注目したいと思います。

戦争という材料性ですから、もし戦争などということになれば、あるいは戦争の可能性が高くなれば、跳ね上がるでしょう。

それまではまちまちの可能性もあるため、時間は掛かる可能性はありますため、長期としたいと思います。

チャート

(株)重松製作所【7980】の株価チャート

 

石川製(6208) 6208 株価と銘柄情報 とのチャート比較

 

(株)石川製作所【6208】の株価チャート

【相場観】今後の相場展開予想 アメリカ債務問題が引き伸ばされたので当面は北朝鮮問題

9月9日の北朝鮮建国記念日に軍事行動をしなかったことは、先程申し上げました。

 

実際にはうちたくても打てなかった、という噂。

太陽フレアの爆発の影響と言われています。

 

万が一、太陽フレアの影響で電子機器に不具合が生じて、ミサイル失敗するぐらいならまだしも自国に落ちたり、打つとすれば日本海あたりになる可能性が高いのが、狙っていないグアムや他国国土、日本にでも落ちたら、北に取っては命取りになりかねないということで、今回は諦めたと言われています。

しかしながら、米国に対して威嚇を強めた発言を出しています。

「準備は出来ている」

的な声明を出していますので、タイミングを見て、改めて発射してくる可能性は十分あるでしょう。

 

そのきっかけは、本日の国連安保理で北朝鮮に対する追加制裁案が採決されるため、それに対するポーズとなるかもしれません。

強硬的な制裁を訴えるアメリカ案は、中国とロシアの反対によって否決される可能性が高い。

よって妥協案が可決される・・・が、それでも北朝鮮は反発を強める流れが予想できます。

 

トランプ氏も引くことはしないので、北朝鮮とアメリカは膠着が続き、北朝鮮もミサイル発射などがまた考えられ、戻りはまた売られる形になると予想。

今週また戻る場面があれば、そういった場面はやはり売り方向。

 

日経平均19500円辺りは売り場と見ており、売り上がりのイメージです。

25日移動平均線 19552円を超える場面があれば買い転換の可能性も出て来るが、北朝鮮問題がある程度解決なければ難しいと考え、チャートも戻り売りをしたくなるチャートで、さらに下降トレンドをキレイに作って来てるので、現状売り方向で考えます。

【相場観】おはようございます。まずは一安心ですが、今日も北朝鮮懸念があります。

おはようございます。

本日もどうぞよろしくお願いいたします。

ひとまず、健康記念に北朝鮮が軍事活動は行わなかったことで、一安心となり、今日朝は先物は戻してきており、日経平均も上昇して始まるでしょう。

 

しかしながら、

本日、国連安保理による北朝鮮への追加制裁が決議されることになっています。

ロシアや中国は対話重視の姿勢。

日米は経済制裁の可能性を示唆。トランプ氏は場合によっては軍事活動も、という方向性。

採択~決議に注目が集まりますが、石油、天然ガスの全面禁輸など、北朝鮮に厳しい内容となると、その後の北朝鮮の反応が懸念されます。

まずは、週明けはこの国連安保理による北朝鮮への追加制裁、これが影響してきそうですが、あまり強い制裁とならない、自然なものとなることが望まれます(経済的には)

 

まだ決算期には早いですが、円高となりつつあり、輸出株などは1ドル=110円付近であるため、為替差益での下方修正の可能性があります。

ある程度わかりきっていることではありますが、実際に下方修正となると影響はありそう。

 

ちなみに、一番懸念していたアメリカ債務上限問題ですが、

12月8日までとりあえず引き伸ばした模様。

https://www.nikkei.com/article/DGKKASGT09H0C_Z00C17A9NNE000/

 

安泰とは言えないものの、引き伸ばしたことで、当面は問題ないか。9月大幅下落は免れることになるのかもしれません。

チャート上は下落ですが、現在このあたりについて考えつつ、先物の利確箇所など考えておりますので、お待ち下さいませ。

【最近の実績】【相場観】日経平均の下落を7月から予想しての、日経平均先物売り20100円→19100円台 次の一手は?

現在日経平均先物は19100円台ですが、

当方では、7月の高値圏、20100円付近をウロウロしているとき、特にマザーズ指数が大幅下落したタイミングあたりから、日経平均は売り場になるのではないかと予想しておりました。

 

マザーズ指数が大幅下落をした後、このような展開になるのは割と良くあることで、そのころから日経平均先物売りを、しつこいぐらい推奨させていただいていたのですが、実際に下落、買いだけでやっているとなかなか利益がとりづらいところ、この日経平均先物 900円幅で、しっかり利益が取れたであろうと思います。

 

当方ではもちろん個別銘柄もやりますが、こういった相場ではなかなかカンタンに大きく上昇したりするわけではないので(もちろん、推奨の中で、黒谷(3168) 3168 株価と銘柄情報 や、8月のアクセルM(3624) 3624 株価と銘柄情報 等、いい銘柄もあるのですが)、下げ相場と予想される中では、日経平均先物を売りで仕掛ける、というのはリスクヘッジの観点でも、利益を出しにいく観点でも、非常に重要で、やりやすいです。

ちなみに、50万円~60万円ぐらいあれば、日経平均先物はラージを1枚建てることができますが、20100円から19200円まで持ち越していれば、ラージ1枚で90万の利益が出た計算となります(税や手数料抜き)。株でたとえば200万円投資しても、ピンポイントに1銘柄で1.5倍にするのは難しいですが、先物、それと当社ではお話ぐらいしかしませんがオプションなどを使えば大きな利益を生むこともあり、うまく使えば大きなリスクヘッジにもなります。

 

先物は怖いと言われますが、きちんと予想した上で理解をしてやれば、株よりもシンプルに稼げますので、是非投資活動の中に取り入れて頂きたい。1回取引すればわかります、カンタンなので、会員の方も、そうでない方も、一回踏み出して見ていただきたいと思っております。

 

ちなみに、北朝鮮問題を切り口にして、株価が下げている状態にありますが、もともと日経平均で言えば、20300円をなかなか超えなかったことで、外資系ファンドなどが売り仕掛けをしていたと考えられます。クレディスイスが売り仕掛けをしていたというニュースなどもありました。

北朝鮮問題、そして、今月末にはアメリカ債務上限の問題もあります。

トランプ氏が人気がなく、話がまとまらない可能性が言われております。以前もこの問題はあり、それが実際にネタになってもデフォルトを本当にしてしまうということには今までなりませんでしたが、今回は要注意ではないか、と思っておりますので、注意したほうがいいでしょう。

明日の北朝鮮建国記念日で、戦争にならなかったにしても、また軍事的に強硬策に北朝鮮がでなかったにしても、その後の懸念を考えれば、安心して買われたところはやはり戻り売りが基本路線かと思っております。

今年の9月、10月は怖い場面です。秋の下落に巻き込まれぬよう、むしろ秋の下落で稼ぐ方法をご紹介していきたいと思っていますので(日経平均先物はそのうちの1つですが、リスクヘッジとしても、利益を出すにしても重要な取引方法、ファクターとなりえますので、是非一度お試し下さい。

【相場観】おはようございます。

おはようございます。本日、今週、もよろしくお願いいたします。

まずは相場観ですが今週は要注意の週です。

先週から申し上げている通り、9月9日に向けて北朝鮮、トランプ氏の動きがあると思います。

9月9日は北朝鮮建国記念日です。

また、日本側は9月はMSQですから、何もなくても怖い週であり、水曜は魔の水曜などとされているMSQです。

9月9日の出来事に刻々と近づく上に、MSQがあるということで、シンプルに売り仕掛けが強く存在してもおかしくない。

外資系などは、たんまりと上の方を買っている可能性もあります。

というわけで、かなり厳しい相場になってもおかしくないと見ています。

 

また、3日の午後に北朝鮮が水爆実験。

これを受けた早朝の為替は円高。

東京株式市場は微妙な動きでありますが、19600円程度のスタートとなりそう。

 

1日に発表されたの8月の米雇用統計は、

非農業部門雇用者数前月比15.6万人増であり、失業率は上昇し4.4%となった。

数字的には微妙なところ、それほど材料視されなかった形です。

 

どちらにしても、先週の19600円~700円は戻り売り、という方向性であることを紹介しています。

日経平均先物が、下落相場では一番稼ぎやすいというのは何度も紹介しているとおりでございますので、まずはこの先物売りを基本に戦略を持って行きたいと思います。

 

3日の水爆もそうですが、9日に向けて再度ミサイル発射も?という懸念などもわきますし、北朝鮮が強硬な状況になればトランプ氏も動く、となりますので、基本的には今週金曜SQ付近までは先物売り仕掛けは持っておくイメージとなりそうです。

 

状況、変わったり動きあれば紹介してまいります。

本日もどうぞよろしくお願いいたします。

【相場観】日経平均、若干緩んできました。

お疲れ様です。

日経平均が若干緩んできました。

来週の相場は怖い相場となる可能性があることはお伝え済。

9月9日の北朝鮮Xデーと、その前にMSQがあり、先物が上下に振られやすい相場となりそうです。

 

9月9日の問題が起こる可能性が、日増しに高まるので、特に魔の水曜日あたり、

その前後日等は要注意。

 

推奨とはしませんが、

防衛関連

石川製(6208) 6208 株価と銘柄情報 等、要注目だと思います。

北朝鮮問題でミサイル発射、あるいはトランプ氏が強硬な姿勢を摂るなど、何か起こると予想するならば買いでしょう。

このあたりは、丁半博打になりますので推奨とはしないのですが、

それでも、来週、先物、日経平均売りの可能性が高いのは否めないと思います。

 

というわけで、本日は基本的に先物は、売り、としたところです。

19700円以上は売りとしていましたが、緩んできています。

 

米雇用統計などもあり、持ち越しする方向よりも、一旦手放す方向性の可能性が高いと見て、先物売り継続のイメージです。

【本日の戦略】全体相場は強気。Xデーまではしばらくあることもあり、相場は好転気味

おはようございます。

本日もよろしくお願いいたします。

Xデーは基本的に2つ。

9月も怖い月だと思っています。

 

9月9日の北朝鮮問題。

次に、9月末のアメリカ債務上限問題。

 

この2点はかなり怖い材料で、特にアメリカ問題については、期日が迫るにつれ、トランプ氏の動きと支持に注目が集まり、債務上限できずデフォルトの可能性が・・・と世間が騒ぎ立てると、大幅下落、となりかねないと思います。

それもある意味チキンレースであり、債務上限はどこかのタイミングで上げざるを得ないのですが、それでも株価というのは下げる方向に向かいます。

これらを考慮しながら、進めなければなりませんので、9月にいたっては変わらず戻りは売り、と判断しております。

というわけで、本日のような戻り局面は、戻り売り、先物売り方向。

 

個別ですが

黒谷(3168) 3168 株価と銘柄情報

本日注目。昨日陰線ですが下ヒゲつけて強い展開もあった。強い銘柄なので買われそう。

2倍目標ですし、短期~スイングで1800円、中期~長期で2500円方向期待です。

 

地味ですが東洋電機製造(6505) 6505 株価と銘柄情報 も長期で推奨中で、利益水準まで伸びてきました。

まだまだ注目。

 

カイカ(2315) 2315 株価と銘柄情報

押し目かなと思います。チャート的にも、短期目線で言えば反発ライン。

 

仮想通貨関連弱い。

リミックスポイント(3825) 3825 株価と銘柄情報 、インフォテリア(3853) 3853 株価と銘柄情報 、カイカ(2315) 2315 株価と銘柄情報

これらは、仮想通貨の価格があげていますので、継続で見ていきたい。

 

ゲームのenish(3667) 3667 株価と銘柄情報 、アクセルM(3624) 3624 株価と銘柄情報 は継続とします。

 

昨日も申しましたが、ピープル本日決算です。

持ち越ししたくない方は、ほぼ同値ですが終了方向で。配信上は継続します。

 

何か情報ありましたら更新していきますので、よろしくお願いいたします。

このページの先頭へ