「ボロ株」の検索結果一覧

ボロ株」に関する無料公開記事のみ表示しています。
有料会員になると、全ての記事をご覧頂くことが出来ます。こちらからご登録下さい。
無料会員登録がまだの方は、下のボタンより登録ください。
無料会員登録

【推奨銘柄】【推奨完了】6●●● 利確します。

前場お疲れ様です。

 

スピーディーに行きます。

少し動きが悪くなってチャートも微妙、銘柄性としても、あまり銘柄としては信用しきれない銘柄ですので、

こうした銘柄についてはさくっと利確、キャッシュにしておきます。

 

ソルガム・ジャパン・ホールディングス(6636) 6636 株価と銘柄情報

 

290円で推奨。

現在300円。利確としておきます。微幅ではありますが、利確千人力でいいと思います。

 

銘柄自体が、疑義注記があり、ボロ株でありますので、

動いたら強いとは思いますが、昨日の上髭で抑えられそうですし、

長期で持ちたくはないので、リスクオフで利確としておきます。

【推奨銘柄】【推奨完了】【相場観】利確など進めていくことにし、キャッシュ化を進めます。

前場、お疲れ様です。

微妙なところなのですが、IPO、個別相場から、ボロ株、低位株に資金が入っている。

となると、循環先は次は・・・

大口なのか?といいたいところですが、どちらかというと全体的にキャッシュ化が進んでいるように思います。

 

もちろん、海外次第なのですが、

この流れである程度全体的にカチ上げておいて、利確を進めている・・・ようにも見えます。

 

基本、現在はネガティブ目線。

上げた銘柄が多いので、しっかりと今週は利確を進めていきます。

 

それで下げればまた買い場が到来となりますし、いつまでも下げないのであれば、そのときはまた大口→個別やIPOの得意銘柄の台頭のときに利益を出せる銘柄を推奨できることになるでしょう。

まずは、今週~来週に到来する可能性のあるトランプショックに備えて、利確、キャッシュ化を進めます。

 

こうなると、「銘柄数が少なくつまらない」状況となり、当方としても心苦しいのですが、

何よりもまずやらないといけないのは

 

資産を減らさないこと

 

です。

 

下げる可能性が高いと判断しているときに、買い銘柄を沢山もっておくことはマイナスでしかありません。

きちんと対処をしておくことで、下げ相場への対応ができるようになります。

 

ヘッジをするのもいいが、買い銘柄が多すぎるとヘッジも効果がありませんので、基本はまず買い銘柄を減らして、きちんと利益を出して、ダメなものは撤退しておく。キャッシュ化の上、狙い目を待つ。

 

これだけです。常に銘柄を持ってないと気が済まない・・・そういった状況は、弊社サービスを利用される場合は卒業をして頂きたい、そこまで考えての投資顧問だと思っております。

 

長くなりましたので、次の配信にて銘柄のキャッシュ化の案内を進めていきます。

こちらの記事は一般公開としたいと思います。

【相場観】トランプ政策発表前の相場観 重要な出来事になるかもしれません。

2月末日のボロ株祭から3月グレートローテーションが始まるか暴落が始まるか!?

2月28日のトランプ政権の政策発表を前に、日経平均指数系は、投信などの解約が殺到したりなどで、個人の売りに対して、GPIFや外資系などは買いに走った形。一時的に19000円を割り込んだ事で、下値一服感が強いチャートとなっており、本日以降は上昇しやすいチャート形状となっている。

トランプ政策の発表は、3月1日の相場に影響を与える為、明日まではリスクを回避したい筋の換金売りが予想されるものの、ヘッジファンドなどの成績を良く見せる為の月末ドレッシング買いも予想される事から明日は底固い展開を予想。

敢えて言えば、明後日から始まる大相場の前準備を整えておきたいという局面だろう。

 

債権の下落(債権金利上昇)、米ダウ・金・原油などの指数を見ても、債権→株式などのリスク商品への資金シフトは継続的に起こっており、グレートローテーション現象は継続して起こっている。米ダウは約5%、金価格は約10%上昇、原油も54.5ドルとシェールガスの原価35ドルに対して異常値を示して上昇している事自体が異常な現象であり、トランプ政策によるグレートローテーション現象は、政策発表により加速する可能性が高いと見る。

 

特に、アメリカの株は史上最高値を30年ぶりに11営業日連続更新するなど、記録的な事が起こる時は、何かしらの原因があると考えた方が良い。

マクロ経済の大きな転換により、一時的に世界の株式が大きく買われる政策をトランプ氏は断行せざるを得ない状況に来ており、その前提となる米利上げに関しても米FRBが早期に行う必要があるとの見識でトランプ政策を黙認している事から、当面はトランプノミクス相場が続く可能性が高いとみるのが普通である。

米ダウは短期調整は欲しいチャートではあるが、そのまま上にも暴騰できる雰囲気より様子見。

日経平均に関しては、ドル円112円ラインをキープしてるのが分かるので、トランプ政策が内需拡大から金融緩和に走った場合、米利上げペースの上昇に伴う、円安進行を歓迎した日経買いとなる展開が想定されるので、東芝ショックや一部上場企業の決算がそんなに良くない状況で、日経平均が19000円台をキープできてる事が不思議な現象であり、商品指数や債権の動きを見ていると明らかに去年までとは違う資金の動きが見られる事は要注目です。

米ダウが2万ドルを突破するのに時間が掛かったように、2万ドル突破後は強い下値抵抗線となる事から、下げても知れてると予想。

日経平均は、日米金利格差による円安+グレートローテーションによる日本株買い筋+米ダウの連れ高で上値を目指す展開となると予想します。

 

しかし、今回のグレートローテーションは、今までの金融緩和バブルでお札を刷り過ぎて、金融緩和の限界から金融引締め路線での転換より、弱冠、新興国の債権ショックなどを誘発しやすい面や、トランプ氏のアメリカンファーストが、他の国の事を考えない方策となる予想から、長期的に見れば危ない政策であることに注意は払う必要があります。

 

今の現状は、ジョージ・ソロスの「相場は一度、極限まで行く」という格言通り、米株の史上最高値をどこまで更新できるかがポイントとなりそうです。

 

しかし、相場の方向が上なので、「相場は相場に聞け」という通り、下落サインである日経18800円ラインを割り込まない限り強気で買い対処というのが基本戦略となります。

 

 

また、本日リアルタイムニュースで、トランプ氏が27日の会合で、軍事費について「歴史的な拡大となる」と公言しました。

米メディアによると、軍事費は17年度の約1割にあたる540億ドル(約6兆円)増やす。

また、トランプ氏は「米軍の再建」を掲げていた「巨額のインフラ投資をする」とも述べた事から、公言通りの

「驚くべき税制改革案」

を出してくる可能性は高まっています。

 

トランプ氏はビジネスライクな性格よりこのトランプノミクス相場を潰すような事を言うとは思えないので、実行可能かどうかは定かではないですが、サプライズのある税制改革案は出してくると予想して日経平均及び米国株は強気対処予定です。

 

変化が現れ出すのは、日本時間で3月1日の11時以降辺りなので要注目しておいた方が良いでしょう。

【銘柄レビュー】【推奨完了】銘柄レビュー続き

先ほどの銘柄のレビューの続きです。

いったん終了銘柄もありますのでよろしくお願いいたします。

 

フリークアウト(6094) 6094 株価と銘柄情報

4日決算予定。

こちらは決算持越予定無しです。

動きもわるく、チャートも良くない状態。LINE決算が影響し、それほど重荷ではないと思うのですが上値が重そう。

申し訳ありませんが撤退とします。 3140円。

 

プロルート(8256) 8256 株価と銘柄情報

読みが難しい。

本日決算です。

 

元々ボロ株、また仕手株、といった系統の銘柄なのですが、

最近はいい感じの銘柄でチャートも良い。

ここは少しギャンブルになるが本日の決算持ち越してみようと思います。

 

チェンジ(3962) 3962 株価と銘柄情報

年末に向けて、押し目買いのイメージでおります。

下落は4600円台までは考える必要もあり。

それ以上はロスカットになると思います。

流れが向けば大きめの反発も期待できますので、継続とします。

 

全体的に動かず、厳しいですが新規も探しています。

決算期なので難しいのは難しいです。

 

また、マザーズは現在、期日真っ最中であるため、

こういった場面はむしろ買い場の到来。チャートは厳しいが、11月前半~中旬に買っておくと、後でいいことがあるかもしれません。

12月の餅つき相場に向けて、銘柄選定進めておきます。

【リスク有り銘柄】9●●● 不動産関連銘柄

ストライダーズ(9816) 9816 株価と銘柄情報

またもこの銘柄ですが、スイングトレードの醍醐味とも言えます。

あげれば利確、下げれば再度買い、といったスイングトレードでの醍醐味です。

 

今回はできれば89円以下で買いたいところですが、89円の板が40万と大きいですので、なかなかこれを売り切るのは難しいかもしれませんね。

というわけで、90円は仕込みとして有り。

87円あたりまで仕込みありでしょう。

75日平均も接近しており、ここのところここの線が反発に反応しますので、上昇トレンドの押し目として狙ってみたい。

 

ただし、5月14日に決算があり、それまでに上昇した場合は利確しますが、上がらなければ継続予定としますので、決算持越という意味合いで、リスクあり銘柄とします。

 

材料性はカジノ関連のため継続性あり。

銘柄としても、不動産関連にシフトしてからはしっかりと利益を出す体制になってきており、低位株、ボロ株は卒業しつつあります。

106円から90円へ20%近いスピード調整、もう少し下げる印象もなくはありませんが、テクニカル的にはいい調整どころだと思います。

 

雲上に推移していますがあと少し押すと雲下へ抜けますし、リスクオフのため、GWが明けてから仕込むのもアリですね。この辺は各々の積極性、慎重性を加味してチョイスくださいませ。

 

【推奨銘柄】中長期型 2●●● 小売、飲食関連銘柄に注目

G・テイスト(2694) 2694 株価と銘柄情報

【銘柄紹介】

2014年2月に100円以下で紹介し、6月に162円まで上昇した銘柄。

2倍化しましたが、今は株価水準がかなり落ち着き、110円台となっております。

 

会社自体は好調です。

小幅増益ではありますが、神戸物産(3038) 3038 株価と銘柄情報 という大きな会社の傘下におり、堅調な推移。

低位株、ボロ株からは脱却を目立している、会社が変わろうとしている銘柄の一つと言えるでしょう。

 

【チャート】

チャート画像
g
【チャート考察】

ずっと動きがなかったのですが、昨日久々に動きがあり、陽線一本。

しかしこういった陽線は材料もないですし続かないもの。

 

しかしながら、こういった陽線や、上髭を立ててくるとどこかが仕込んでいる可能性が出てきているところであり、

じっくりと仕込んでいくには絶好のところの可能性があります。

 

最近でいえば、カーディナル(7855) 7855 株価と銘柄情報 等。

仕込んで仕込んで、どこかで動いてくるイメージです。

 

あそこまで爆発するような銘柄にはならないと思いますが、長期的(数ヶ月)に2~30%ぐらい狙える銘柄になるのではと予想しています。

 

狙い所はチャートの右のマルで囲った部分あたり。

具体的には113~118円時価をうまく拾うイメージです。

 

利益確定といえるのは、まずは10%~15%の130円。

次に140円、150円、去年の高値164円がターゲットとなるでしょう。

株というものは、上げると提灯がつきどこまで上げるかわからないものなので、

利益確定のタイミングは、うまく利益を積み重ねていく方法で、リスク少なく利益を取っていく事ができればと思います。

【推奨銘柄】【リスク有銘柄】逆行高 ドーン(2303) JIA(7172)ブログランキング銘柄も堅調

下げているものも勿論ありますし、

ロスカットとなっているものも勿論ありますが、うまく狙えているものもあります。

 

ドーン(2303) 2303 株価と銘柄情報 は決算翌営業日の10月14日に、狙いの800円という数値がきましたので、買いで紹介していたのですが。

思い切った方はご褒美といえるかもしれません。

STOP高、そして本日大きく上昇。

 

アイランドリバーサルボトム達成、一気に上昇。

懸念されすぎであったのか、というところです。

うまく買えた方はおめでとうございます。

 

JIA(7172) 7172 株価と銘柄情報 も、いい感じで推移。

やるものがないですので、こういった優良銘柄のIPO銘柄などに資金が向くかもしれません。

 

2桁ボロ株という感じでもないので、強いものに乗るイメージで勝負です。

 

また 人気ブログランキング銘柄 21XX  も、堅調。

来月決算がありますし、それに向けて頑強な動きですね。

なかなか崩れないので、見ておくだけでも勉強になりそうです。

 

 

それでは、本日も宜しくお願い致します。

【気になる銘柄】カジノ関連 気になる銘柄

ストライダーズ(9816) 9816 株価と銘柄情報 が、ここ数日で

120円近くまで上り詰めました。

 

同じく気になる銘柄として、

 

カジノ関連のコンサル業務を行っている

コモンウェルス・エンターテインメント(7612) 7612 株価と銘柄情報

を気になる銘柄として紹介します。

 

秋の国会でカジノ法案が通る可能性があり、この銘柄も面白いでしょう。

 

ボロ株、財務が良くないのであくまで気になる銘柄として、参考銘柄として紹介しておきたいと思います。

カジノ関連の関連銘柄として、値動きを見ておきましょう(買いを推奨はしません)

【相場観】本日もお疲れ様でした。

 

8月4日の相場もお疲れ様でした。

今週初めの月曜日の相場となりましたが、まだまだ2桁銘柄が台頭しております。

レッド・プラネット・ジャパン(3350) 3350 株価と銘柄情報 等が大活躍しております。

 

そんな中、日本株自体はそう良い展開ではなく、外部環境、特にアルゼンチン債務問題から受けている外部市場の弱さを引きずってはいます。しかしながら、弱いとも言えない。

そこには、決算に対する期待であったり、日銀のETF買いであったりと、相場を下支えする強い理由があり、裏には株価を高くしたいという現れが見えます。外国人も買いにきていますし、外部環境が気にはなりますが日本株は堅調にさせようという意思がみえたりする雰囲気であります。

長期展望は確かにそうでありますが、しかしながら、短期的には押し目をつけそうな展開であり、ここでしっかり押し目があれば、そこは天与の買い場となるかもしれない、と見ております。タイミング的にはチャンスがあるかもしれません。

 

さて、押し目をつけるような展開になるときに、良くあるのが、

・2桁株価銘柄の台頭

であります。

 

先週末あたりから、レッド・プラネット・ジャパン(3350) 3350 株価と銘柄情報 などが大きく上昇し、それにつれて他の仕手系、2桁株価系銘柄が台頭してきたのですが、本日その中で気になる銘柄を1つ、会員様へは紹介致しました。

 

9から始まる証券コードの銘柄で、決算前に動くことが多く、昔はバーテックスリンクという会社の銘柄。

ここまで申し上げれば調べればわかると思いますが、58円どころで紹介、62円があり、61円で引けております。

このまま2桁のターンが続くのであれば、こちらの銘柄にも資金がくる可能性があると思われ、決算前に面白い展開になるのではないか・・・とみております。

興味がある方はどの銘柄なのか調べてみてはいかがでしょうか。

なお、この銘柄は完全にボロ株であり、低位株ですので、リスクが高い銘柄となります。

1円動けば1.3%ぐらい動き、会社としてもあまりいい決算など出しておりませんので、そういう意味でもリスクがあります。こういった銘柄は、あくまで投機的である、ということを承知の上で、短期で勝負の銘柄、であります。

こうした投機的な銘柄であっても、タイミングよくやれば、数円抜き、動きが良ければかなりの値幅を狙ったりもできますので、資金が向いたときにいいタイミングがあれば、狙ってみるのもよいでしょう。

 

明日の展開、それ以降の展開等は、また海外の市場を見てから、分析等進めたいと思います。

 

それでは、本日の相場もお疲れ様でした。

 

【監視銘柄】新規銘柄 コード9XXX 2桁株価銘柄 リスク有

2桁銘柄が台頭しております。

その中で注目できる銘柄。

レッド・プラネット・ジャパン(3350) 3350 株価と銘柄情報 に次いでこの銘柄に注目。その銘柄は・・・

9816 ストライダーズ

 

あくまで、投機的銘柄。2桁銘柄、ボロ株。

しぶとく上場を維持している会社です。

 

58円拾ってみると面白いかとみています。

 

あくまで投機、割り切り。

決算も近い。

ただしこの銘柄は決算前に良く動く銘柄です。決算予定は7日。

このページの先頭へ