「先物」の検索結果一覧

先物」に関する無料公開記事のみ表示しています。
有料会員になると、全ての記事をご覧頂くことが出来ます。こちらからご登録下さい。
無料会員登録がまだの方は、下のボタンより登録ください。
無料会員登録

【相場観】仮想通貨、循環気味? 仮想通貨とゲーム系以外は強気な判断できず。

前場、お昼休み、お疲れ様です。

相場観です。

 

仮想通貨、若干疲れ気味にも見えますが、金曜日ということで売りも入っています。

しかし、リミックスポイント(3825) 3825 株価と銘柄情報 はストップ高を何回も目指していますし、

フィスコ(3807) 3807 株価と銘柄情報 も材料がでて強い。

どちらも推奨銘柄ですから、仮想通貨がくる

 

他推奨中の仮想通貨で、GUで始まってしまい、本日下落傾向にあった3●●●がもう少しで陽線になりますし、

強いものは強い。

 

セクターとしては来週に向けて仮想通貨に期待しますが、

トランプショックの可能性も考えて、それ以外の銘柄はほぼ無し(少しありますが)。長期のみ残しています。

 

まずは、リスクを開始しておくことに専念するのが良いと思います。

昨日は19800円キープで引けたため、相場観・展開がわかりにくくなりましたが、本日はダウが強かったが資金は逃げている。

少し雰囲気が悪いので、基本的にはあまり無理せず、やるならどちらかというと売り目線、

先物をウリで少しヘッジしておくとかのほうが、安心なような気がします(積極的に仕掛けるというほど根拠もありませんが)

 

仮想通貨は強いので、その流れには乗って来週に向かいたいですね。

日経平均が横展開などの相場で、海外が下手に大崩しなければ、この流れはまだ止まらないのでは、と予想しています。

【最近の実績】伊豆シャボテンリゾート(6819)、リミックスポイント(3825)本日も大きく上昇しました!また、某赤字銘柄も10%の上昇率勝ち取りです。

本日も前場お疲れ様でした。

いい流れの中で推奨できており

 

伊豆シャボテンリゾート(6819) 6819 株価と銘柄情報  88円で推奨→高値153円

リミックスポイント(3825) 3825 株価と銘柄情報 273円で推奨→高値445円

 

と、これらが本日も大きく上昇しました。

持っている方はおめでとうございます。

しっかりと利確しつつ進めていきましょう。

 

【推奨銘柄】【推奨完了】【相場観】利確など進めていくことにし、キャッシュ化を進めます。

 

今の弊社の、相場観の見方はこちらになっております。

少しネガティブ寄りです。

 

利確をすすめ、悪いものはあまりないのが今自信だったりするのですが、

プラスになっていないものもありますのでそういったものは切り、

次の銘柄を探していきます。

 

ただし、相場としては

上の記事にありますようにネガティブ目線でみておりますので、しばらくは様子見が続くかもしれません。

 

下げ相場となれば、下げたところで買いにいく、

あるいはヘッジ対策を行っておく、下げ目線で先物に着手する

 

などの方法も考えておりますので、興味がある方は、是非一度弊社サービスをご利用下さいませ。

初めての方は1ヶ月無料となっております。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

【相場観】チャートや現状の状況からみた、理想的展開と利用できるセクターなどについて

後場も、お疲れ様です。

先週末には到達しておきたかった日経2万円。

金曜日、5日移動平均線付近まで売られた事で、チャートは歪な形になっております。

 

19500円割れまでの下落、5月2日の高値、19464円の窓埋めが欲しいチャートになってます。

要は押し目がほしいところ。

 

ここで難しいのが、本日陽線であり、底値は買われていること。

日経先物は先週からの19750~20000円のボックスとなっている。

 

こうなると上下どちらに動くのか、まだわからないため、放れた方につくのがセオリー。

 

日経2万円超えは、ソフトバンクの9000円超えがポイントになりそう。

しかし本日下落。

ファストリ(9983) 9983 株価と銘柄情報 なども下落。

 

大型株で日経平均寄与率の高いものが下げています。

が、これらが下げているにもプラマイゼロに近い日経平均ですので、つまりは全体的には買われているということ。

 

結局は、トランプ相場であり、トランプがFRBの長官を解任した事で、

米国内では再度、トランプ下ろしの動きが見受けられる。

 

トランプ下ろし=金融バブル相場終了の可能性が高い

 

もしトランプ解任などとなれば、世界株は一気に下落する形になります。

結局、トランプに振り回される相場は継続。

そう簡単に解任などとはならないでしょうが、私達は小型やIPO、低位株をメインとした、デイトレ~スイングトレードでがメインとなりそうです。

 

たとえばその流れでいえば、アセンテックなどはすでに上昇しました。

すでに準備済ではありますが、また新規なども探していきたいとおもっております。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

【相場観】相場観2 日経平均考察と、ブロックチェーン(ビットコイン関連)に注目集まる可能性。

おはようございます。

 

チャートは75日移動平均線(MA)の上より買いのチャート。
上値はボックス上限19668円の年初来高値。バッファをみて、19800円を超えてくるようであれば、20000万円超えから、
大きな上昇(本格的なグレートローテーションが起こり目標株価23000円を目指す)可能性もあるので注意深くみておきたいタイミングです。

今週は、大型株の決算が本格化してソフトバンク、トヨタなどの大型株の決算動向によっては、日経の更なる上も考えられる所ですが、
現在の日経平均は、為替とほぼ連動と言ってよいので、現在108円~113のボックス相場の上限に達している円安を突破する要因があれば、上昇の可能性も有ります。

しかし、トランプ氏の大統領就任後100日のハネムーン期間が終了し、Sell in May の由来と言われている米国民の還付金が1月~5月で終わる。

投資や浪費が減ったり、ヘッジファンドの解約が多い為の手じまい売りなどもあるかもしれませんが、どちらに動くかは投資マインド次第と言われているので、売られやすい月だから売っておこうか!という人が増えれば当たり前ですが下がります。

GW明けから年初来高値を更新して終わってくれば、本格的なグレートローテーションの開始と言えるでしょう。

ポイントは、トランプ氏の具体的な政策がどれだけ法案に通るか?実行に移して行けるか?が目先のポイントになるでしょう。

結果はどうあれ、金融緩和バブルの限界から、更にバブルを創り出す政策はかなりの危険を伴う為、米国債金利が上昇し、インフレ懸念の為、米利上げを継続してくれるおかげで、ドル高=円安の構図にはなります。

現在の世界マクロ経済情勢での米利上げを断行して行く事は、ユーロ圏や中国圏を始めとする新興国や、資金繰りの危うい国のデフォルトを産む可能性を秘めているのが最大のリスクです。

 

さて、こういう場合に買われるのは、今までは金や商品先物などの商品でしたが、今は通貨価値が下がる前に金に変えるのではなく、仮想通貨に変える(ビットコインなど現在約4000種類の世界統一通貨がある)という手段で、世界中の資金はブロックチェーンという革命的な技術で通貨の役だけでもなく、決済はもちろん、売買による取引契約、IPOに代わるICOというコイン上場が流行ってきており、対象は世界中の投資家になる事から、IPOよりも資金調達率が2.3倍というデータもあります。

よって、今年はビットコインを始めとする各種コインの青天井モード入りから、再度フィンテックやブロックチェーン関連の相場がある可能性があるとみて、特にフィンテックは買い目線も含め、全銘柄を監視して行きたいと考えています。

面白い、ビットコイン関連銘柄などあれば積極的に出すかもしれません。

ただ、寄りから高く天井つける可能性も考えて、状況を見つつの対応になりそうです。

無理はしません、が乗る必要があるときには波に乗りにいきます。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

【相場観】チャートによる相場予想 本日~今週も、下値押しに注意。下降トレンド入りする場合はキャッシュポジ優勢に変化します

おはようございます。

日経平均先物の、今年の安値は、地政学的リスク、総悲観によりつけた、18190円。

ここに来て、英国のEU離脱(ブレグジット)を、2020年よりも早くするための真を問う選挙をすると、英国大統領が発言。

これにより荒れているユーロ圏もあり、再度下値を試す展開になってきております。新たな懸念材料がでたことで、素直にリバウンドに入れるかが微妙な状態になっています。

15日~16日の地政学的リスクの後退で、大底は付けたはずと考えていましたが、下落相場は大底の後に、ドン底があることもあります。

リスクヘッジを掛けながらの取引が必要なタイミングと言えます。

 

チャートとしては、

日経平均が18200円を割って引けるならば、節目がなく、17500円へ下落の可能性が高いチャートになります。

よって、キャッシュポジを多めにする、

ヘッジするなら日経下落系の1360買い、1570売り、日経先物売り、オプションのプット買い、

などで、ヘッジしておくのがリアルな投資法です。

 

注目点は、日経平均が18200円を割って引けるかどうか、です。

 

今日~今週、もう一つ注意して相場に挑みましょう。

このページの先頭へ