「最新の株価予想! ルーデン・ホールディングス(株)(1400)」の検索結果一覧

最新の株価予想! ルーデン・ホールディングス(株)(1400)」に関する無料公開記事のみ表示しています。
有料会員になると、全ての記事をご覧頂くことが出来ます。こちらからご登録下さい。
無料会員登録がまだの方は、下のボタンより登録ください。
無料会員登録
ルーデン・ホールディングス(株)の株価チャート

【無料銘柄診断】エンバイオHD(6092)

銘柄診断のご依頼を頂きましたので、お答えします。

※銘柄診断は、アライアンス・パートナーの@marketにご協力頂いています。

 

★ご質問

エンバイオHD(6092) 6092 株価と銘柄情報 を1173円で買ったのと、チームスピリト(4397)を2146円で買ったのがあります。
どこで利益確定していいのかが悩んでいます。

個人的には、エンバイオHDは利益確定しても良いのかなと思っています。
むしろ1400円の時に確定すべきでした。急に上がり過ぎているので、その反動で落ちていくのが怖いです。

チームスピリト(4397)は7月11日の価格にほぼ戻ったとみて、利益確定しても良いのかなって思っています。

大変お忙しいとは思いますが、アドバイスを頂けると助かります。宜しくお願い致します。

◆ご回答

エンバイオHD(6092) 6092 株価と銘柄情報

11/13発表の中間決算が非常に良かった(EPSが中間期末時点で通期会社予想を超えた)ということでその後大きく買われました。ただこの数字は一時的な固定資産売却益によってもたらされている部分も多く、通期会社予想EPS80.11円が変更されなかったのは保守的過ぎであるであり通期東洋経済予想EPSは102円に上方修正されたものの、来期東洋経済予想EPSは67円と減益となっていますので、この上方修正で株価が上昇するのは短期的であると思われます。

セグメント別売り上げが同様な同業他社もあまりなく、PERでの理論株価評価も難しいですが、他に何も材料が無ければ大体15倍で、20倍を超えれば割高という判断が一般的には出来そうで、来期東洋経済予想EPS67円を使って20.5倍となっている株価は割高に思えます。利益確定をお勧めします。

チームスピリト(4397)

10/11発表の決算が期待外れで大きく売られましたが、仰っている7月11日のこれも悪かった決算後に売り込まれたところを割らなかったということもあり、10月中旬からの東証マザーズ指数の戻りに合わせ、そのペース以上の急激なリバウンドを見せました。

テクニカル面で言えば、東証マザーズ指数にもまだ戻り余地がありそうというところを含め、2600円くらいまでのもう少しの上昇が見込めそうです。

ただ、ファンダメンタル面で言いますと、一応の目安となりますが、21/8月期コンセンサス予想EPS21.665円にPER100倍をかけて2166.5円、22/8月期コンセンサス予想EPS55.35円にPER50倍をかけて2767.5円と幅広いターゲット価格になりまして、何とも言えません。PER100倍&50倍とかを使いますのも、今回の東証マザーズ指数の戻りの前には考えられなかった数字で、これはまたちょっと雰囲気が悪くなるだけで80倍&30倍とかに戻りかねず、昨年12月のクラッシュのことを考えますと、なんとも判断材料としては使いづらい部分というか下方向が怖いところです。

戻り相場の波に乗れるうちはロングをキープでいいと思いますが、もう利益確定すべき時期とレベルであると思います。

 

以上。

無料銘柄診断をご希望の方はこちら

【無料銘柄診断】レスターホールディングス(3156)

銘柄診断のご依頼を頂きましたので、お答えします。

※銘柄診断は、アライアンス・パートナーの@marketにご協力頂いています。

 

★ご質問

レスターHD(3156) 3156 株価と銘柄情報 を1,723円で買いましたが、今後の見通しをお願いします。

◆ご回答

レスターHD(3156) 3156 株価と銘柄情報  現値1668円

エレクトロニクス総合商社
2019年4月1日にUKCとバイテックが経営統合して誕生

主力事業であるデバイス事業はソニー製半導体のサムスン向けが低迷しているが、調
達事業(パナソニック向け)や環境エネルギー事業は好調の模様

21年3月期の東洋経済予想EPSは166.3円。数字は上にも下にもぶれなさそう。当該事
業におけるPERは8倍から12倍といったところなので、ファンダメンタル的には1300円
から2000円の株価レンジを想定。
テクニカル的には1400円をボトムとして、とりあえず1750円、突破すれば2100円と
いったところ。

しばらくは1500円から1750のレンジでの動きではないか。
米中貿易摩擦の悪影響が心配されるので下にいったらロスカットは早めにと念頭にお
きつつ、ただマーケット全体の雰囲気が好転すれば急上昇もあり得るのでそこにかけ
て楽しみに持っていてもいいかも。

 

以上。

無料銘柄診断をご希望の方はこちら

【相場観】現在の相場感

昨日は、円高、株高、債券高のトリプル高

数十年前のバブル時代のような動きでした。

 

昨日のダウは上昇、円高傾向。

SP最高値といいことずくめだが、コレには全く反応せず、日本安。

円高。

 

日経平均先物では一時21570円があったため、75日平均の21382円、13週移動平均21400円などなど、上値は重たいがここを突破していきたいとする動きはあるため、状況次第では突破、22000円という展開もありえる。

 

これを阻害しているのは、財務省による消費増税。

そもそも日本のように消費増税をした上で利下げもない、という国は今海外を見ても見られず

たとえば利下げしているインド、シンプルにアメリカなど、金融緩和を進めている国や減税している国に資金が入りやすく、日本は置いていかれてしまっている環境にある。

 

海外の動きは利下げなので株高方向というのは読みやすいが、日本は正直新たな材料がないとこれ以上あげるのは難しいかもしれない。

読みづらい展開のため、基本的には個別銘柄でというのは、割といつものことであるが個別で狙いたい。

【推奨銘柄】【新規推奨】アパレル銘柄に新規で注目してみたい。

新規銘柄を1つ追加します。

時価買いというよりは、しばらく様子をみながら、押し目があれば積極的買いというイメージなので

現時点では監視銘柄というイメージ

ユビキタス(3858) 3858 株価と銘柄情報 でもそうでしたが

監視銘柄にした場合はそのまま上げることも多いので、

打診買いはありだと思います。

 

銘柄

ルック(8029)

 

見解

旧:レナウン
婦人服アパレルメインの同社。
昔は、晩年の仕手株の復活あるかもしれない。

決算内容と決算IR内容がポジティブサプライズ。

去年の決算:EPS(一株利益)283円と四季報予想の1.5倍以上とかなりいい数字となっている。

さらに、来期以降EPS予想:339円、365円。
増収・増益に加えて、大きな利益の伸びが予想。

会社の中期計画には、売上500億、利益30億円と書かれており、

ブランドイメージ、既存店売上高伸長、世界的なニーズに合わせた店舗展開、

経営効率化を図る為のホールディングス化まで書かれており、信憑性も高いと予想。

現在の株価ベースで、PERは3倍台~4倍台と超割安圏。

PBRも0.48倍と会社の解散価値の半額以下の状態より、押し目は迷わず買い狙いたい。

 

チャートが煮詰まりつつある。1600円抜けから暴騰あり得るチャート!

下値の買い圧力強く、高値圏揉みあいから、下髭げ十字線で高値引けより本日上昇しやすいタイミングとなっている。

時価買いありだが、1400円台への調整は歓迎の銘柄です。

(株)ルックホールディングス【8029】の株価チャート

【銘柄レビュー】現在の銘柄レビュー

現在の銘柄レビューです。

新規や、推奨中のものも、

特にこれといって大きく動いているものはないのですが、堅調ではあります。

 

長期

川岸工業(5921) 5921 株価と銘柄情報 が動き始めた。

じっくり型ではありますが、3月12日の高値抜いてきているので、強い動きに期待。

 

ルック(8029) 8029 株価と銘柄情報 は中期ですが、長期でもOK

1400円台あれば積極的に狙いたい

 

ラオックス(8202) 8202 株価と銘柄情報 も、370円~80円あったら積極的に狙いたい。

 

夢の街 一時2176円がありました。

再度2500円方向期待しています。

 

ユビキタスは様子見。

下げたら買いで考えますが、このままのチャートだと、多少出来高をともなって十字線、窓もあけているので短期調整が示唆されます。

 

他継続でいきます。

【相場観】本日の相場観

本日の相場観です。

ダウは175ドルの上昇。ドル円も円安方向になっており、日経平均には好感が持てる形に。

日経平均、ダウともに年末の下落から回復傾向。

 

特にダウは25000ドルまであっさり回復、ほとんど調整らしい調整もない。

チャートだけで言えば、10月~12月の高値を結んだトレンドラインを引くと、下降トレンドの高値ラインに今の水準が当てはまるので、そろそろ注意域ではある。

一旦買いは外すのも手の一つにはなりそうだが、トランプ氏の来年の大統領選挙への株高方向への舵取りやFRBの利上げ後退発言を考えると、かなりの悪材料がなければ安定的にはなりそう。

基本的には株は買い、上下どちらかに大きく触れたときに逆を取りにいく方向性で考えます。

ただ上の場合は踏まれかねないので、売りにいかない可能性もありです。

 

さて、サンバイオショックの渦中である、サンバイオ。

本日は寄るかどうかというところ。

本日の制限値幅の下限は、1400円(上限700円)

基準は3710円。

ストップ安は2310円で、4分の1の株価になってしまった。

以前、同様の事故を起こしたアキュセラは6連続S安。

それに比べれば・・・という印象だが、そもそもサンバイオの時価総額はわけがわからないほど上げていたことや、新薬がない場合のサンバイオの妥当株価は1500円などと言われていうるので、ストップ安あたりで寄るかどうかというところ。

ちなみに、全株一致で寄った場合は、多少の反発の可能性は高いと見ています。

リスクはとりづらいが、遊びやデイトレにはいいでしょう。ただしストップ安張り付きを食らったりしないよう気をつけてください。

 

他銘柄に関しては悪い動きではない。

ULSグループ(3798) 3798 株価と銘柄情報 などかなりいい動きですし、

エコモット(3987) 3987 株価と銘柄情報 なども材料が出ている。戻りにもかかっているので継続方向。

荏原実業(6328) 6328 株価と銘柄情報 も下げそうで下げないので継続。

 

荏原実業(6328) 6328 株価と銘柄情報 はもともと1Qでほとんど経常利益を出すのですが、

それなりにいい数字でているので上振れの可能性もある。決算前に上方出るかもしれないので、決算前銘柄としてもしばらく持ちでいってみたい。

 

何か面白い銘柄などあれば場中にまたご案内してまいります。

 

本日もどうぞ宜しくお願いいたします。

 

【推奨銘柄】今週もこの銘柄

今週も注目はこちらの銘柄です。

新値更新していっていますが、今後もまだまだ更新か。

決算をどうするかが悩みどころですが注目継続

 

ビープラッツ(4381) 4381 株価と銘柄情報

14000円超える推移となりそう。

 

すでに先週末14000円を超えて14170円まであっての、引け13960円と非常に強い。

 

まだまだこれからかもしれません。

決算は12日。

そこまでは、基本強い動きになる可能性も。

どこまでいくか。注目継続です。

【推奨銘柄】ビープラッツ(4381)14000円を超える展開に

推奨銘柄の一角ビープラッツ(4381) 4381 株価と銘柄情報

 

決算があるところがちょっと気になるところではありますが、

非常に強い動きとなっています。

 

13300円の上場来高値を更新してきたので、ここからは青天井モード、どこまでいくかわからなくなってきました。

 

ファンダ、材料、チャートなどから総合的に考えると、もっと上があってもおかしくない。

 

2月12日に3Q決算。

同社の収益は下期に偏るが、かなりいい数字を見込んでいる状態であるので、それが現実となれば大いに期待できる。

3Qではあまり数字は出ないと予想されるが、予想に反してある程度利が乗ってくると、2月12日の3Q決算で大幅上昇も夢ではない。

継続して注目したい、現在の本命銘柄です。

このページの先頭へ